診療科・部門等のご案内

糖尿病チーム

チームのご紹介

糖尿病は生活習慣病の1つで、「糖尿病が疑われる人」が約740万人、予備軍にあたる「糖尿病の可能性が否定できない人」を含めると、成人の6.3人に1人にあたる約1,620万人になるといわれています。

また最近ではメタボリックシンドロームが注目を浴びています。糖尿病の治療の目的は網膜症・腎症・神経障害および脳血管障害、心筋梗塞/狭心症、閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化性合併症の予防にあり、その目的を達成するには血糖コントロールはもちろんのこと、肥満・高血圧・高脂血症の是正が必要です。

大切なことは患者さんへの啓蒙活動と教育であると考えています。

チーム編成と活動について

当院では、医師(内科、眼科、循環器内科)、管理栄養士、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士がチームを組んで取り組んでいます。

糖尿病チームとして糖尿病に関する様々な知識の習得と合併症の検査を目的とした1週間入院や外来糖尿病教室を実施しています。

当院は腎臓内科、循環器内科、眼科、血管外科、皮膚科がそろっており、糖尿病診療に必要な専門家がそろっています。足病変に対してはフットケア外来を開設し、足病変の予防や治療に力を注いでいます。

活動目標・活動内容

  • 糖尿病1週間入院のご紹介
  • 糖尿病3日入院のご紹介
  • 外来糖尿病教室のご紹介

チームの役割

糖尿病チームでは、医師、栄養士、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士が、専門的知識を活かして連携し、糖尿病教育入院及び外来糖尿病教室の運営を行っています。

また、月1回開催しています糖尿病チーム会において、教室の見直しや糖尿病についての勉強会を定期的に行い、糖尿病患者さんへのケア向上に努めています。

メンバー構成

チーム代表
  • 藤澤 貴史(内科部長・人工透析科部長)
その他のスタッフ構成
  • 内科医師 1名
  • 眼科医師 1名
  • 看護師 12名
  • 管理栄養士 2名
  • 薬剤師 2名
  • 放射線技師 1名
  • 臨床検査技師 2名
  • 理学療法士 1名

皆さんへひと言

外来糖尿病教室は、1年間で糖尿病についての知識が得られるように講義内容を設定しており、患者さんに糖尿病について理解を促していくと共に、糖尿病チームのスタッフが参加しますので日々の療養についての相談を受け、患者さん同士の交流もはかっています。

仕事のために生活が不規則な人や、糖尿病と言われてもどうしていいか分からない方など、一人で悩まずに当院が開催していますこの様な機会を利用していただければと思います。

そして、管理栄養士による個別栄養指導、看護師による療養指導や足の観察も行っておりますので、関心がある人は担当医に相談いただければと思います。