診療科・部門等のご案内

肝臓病チーム

チームのご紹介

肝臓癌による死亡者は、男性で肺癌、胃癌についで3位、女性では胃癌、肺癌、結腸癌についで4位となっていますが、その原因の多くは、C型肝炎やB型肝炎などの慢性ウイルス性肝炎です。

また、生活習慣病である脂肪肝から肝炎が起こり、肝硬変から肝癌に進行するNASHと診断される人が増えてきており、慢性肝疾患は21世紀の国民病と言われています。

インターフェロンなどの治療も進歩してきており、患者さん自身が病気を理解して治療に取り組むために、またご家族が病状を理解し、少しでも不安をもたないようにするために、医師のみでなくコメディカルが連携して関わることが必要です。

そこで、当院では、慢性肝疾患の患者さんやご家族の方々をサポートするために、職種を超えたチームを組んで、活動を行っています。

活動目標・活動内容

  • 肝疾患患者さんへのケアシステムの構築・整備
  • 肝疾患患者さんに関わるスタッフ間の情報交換
  • 肝疾患患者さんに対する啓蒙
  • 年4回肝臓病教室開催(講演、グループディスカッション)

チームの役割

  • 肝臓病教室の紹介・企画・運営
  • 肝疾患患者さんに関する情報の共有
  • 肝疾患患者さんに対する知識の提供

メンバー構成

  • 医師 2名
  • 看護師 3名
  • 薬剤師 2名
  • 臨床検査技師 2名
  • 放射線技師 1名
  • 管理栄養士 2名
  • 事務 1名

 

皆さんへひと言

「あなたは肝炎です」といわれたり、健康診断で「肝機能が悪い」といわれて、情報が欲しいと思われたら、迷わず、当院の肝臓病教室に御参加ください。(当院通院中の患者さんに限定しておりませんのでどなたでも御参加できます。)

また、そのような悩みをお持ちの方にアドバイスをいただける患者さんも歓迎します。