診療科・部門等のご案内

感染対策室

感染対策室とは

「感染」という言葉から、皆さんはどのようなことを連想されますか? MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)やMDRP(多剤耐性緑膿菌)などのような抗菌薬(抗生物質)の効きにくい耐性菌の病院感染による死亡や、ノロウイルスの集団感染を連想し、恐ろしい印象を持たれている方も多いと思います。

感染対策室は、こうした感染の危険から患者さんや家族の方はもちろんですが、病院職員を含めて病院に出入りするすべての方を感染症から守るために活動している部門です。

活動内容

  1. 院内感染防止対策マニュアルの作成・改訂
  2. 院内感染対策のための研修
    • 就職時・中途採用・看護補助者・外注業者等に継続的、臨時研修を行う
  3. 感染症の発生状況の報告
    • JANIS(厚生労働省の院内感染対策サーベイランス)、CDCの病院感染対策サーベイランス、等の定義・方法に基づき行う。
    • 微生物サーベイランス、対象限定サーベイランス、抗菌薬使用状況、アンチバイオグラムなどが該当する
  4. 院内感染症発生時の対応
    アウトブレイク時の報告、調査、対策実施等と行う
  5. 院内感染対策に関するコンサルテーション、および指導
  6. 患者等に関する情報提供と説明
  7. 院内広報誌(Infection Control News)の発行
  8. その他、院内感染対策に向けた活動
    • 標準予防策、感染経路予防策、環境整備、消毒薬適正使用の指導
    • 職業感染対策(各種ワクチン接種、針刺し・切創/皮膚・粘膜曝露対策)の啓蒙
    • 感染症発症の確認、感染源や感染経路の把握、院内感染地の検討・周知・評価
    • 地域連携医療機関との連携

病院感染対策マニュアルの整備やICTニュースを発行し、院内職員の感染対策に対する意識の向上また、感染対策は当院だけの問題として縛られることなく、地域との連携が極めて重要であると捉えており、感染防止対策地域連携への取り組みを強化しているところです。