診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内

CKD(慢性腎臓病)チーム

 慢性腎臓病(CKD)患者様は日本人成人の8人に1人(約1330万人)と推計されています。初期のうちは無症状ですが、放置すると将来末期腎不全となり腎代替療法(透析、腎移植)が必要となるリスクに加え、心血管疾患(心不全、脳卒中など)を発症するリスクも著しく上昇します。
 CKDは早期に発見したら、生活習慣の改善や内服治療により、その進行を遅らせることが可能な場合が多く、検尿などによる早期発見とその後の適切な管理がカギとなります。

チームのご紹介

 当院では、専門的な腎臓内科診療に加え、医師(日本腎臓学会専門医・指導医など非常勤含め4名)、看護師(慢性腎臓病療養指導看護師など)、薬剤師、管理栄養士、臨床工学技士、臨床検査技師の医療スタッフによる「CKDチーム」を結成して、CKD進行予防を目的とした多職種連携サポートを行っております。

活動内容とチームの役割

 腎臓の疾患や薬の理解、患者様それぞれの腎機能低下の原因の同定と是正、心血管系合併症精査を目的とした「CKD教育入院」、外来通院時の「栄養指導」や「療養指導」などがその中心です。
 特に姫路市内でCKD教育入院を実施しているのは当院だけであり、近隣の開業医の先生方とも密接な連携を計って、慢性腎臓病の早期発見や適正管理に努めています。

メンバー構成

チーム代表
  • 伊藤 純(腎臓内科)・藤澤貴史(透析科)
チームスタッフ
  • 医師 4名
  • 看護師 6名(慢性腎臓病療養指導看護師1名)
  • 臨床工学士 2名
  • 薬剤師 2名
  • 管理栄養士 2名
  • 臨床検査技師 2名

皆さんへひと言

尿所見異常、腎機能低下を指摘された方は、早めに当院腎臓内科にご相談ください。