診療科・部門等のご案内

医療安全管理室のご紹介

医療安全管理室のご紹介

当院では平成14年より医療安全管理室が設置され、病院全体で医療安全に取り組む体制を整えてきました。

現在もより安全で効果的な医療の供給と、医療の高度化・複雑化に対応できる医療安全対策を推し進めています。

理念・基本方針

事故を発生させない意識を全職員がもち、事故を未然に防ぐ対策を講じておくことが大切であると考えています。

業務内容

主な活動

主な活動は、インシデント・アクシデントレポート報告を受け、これを基に対策の内容と検討・調整を行っています。

報告内容によっては事例分析を用い、対策立案を立て院内全体で再発防止に取り組むことです。

院内活動について

院内活動としては、啓蒙活動として定期的な医療安全ニュースの発行を行い、院外の医療事故情報については、院内メールを活用し迅速な情報共有化を図っています。

院外活動について

院外活動としては、平成15年より病院医療において患者本位の室を確立し継続的に向上させるための質保証システムと組織的な質管理のあり方のモデルを構築する目的で組織されているNDP(National Demonstration Project)に積極的に取り組んでいます。

その他の活動について

平成17年には、バーコードリストバンド付きリストバンドを用いた患者・薬剤認証システムを導入し、点滴・注射時の患者間違い防止対策に活用しています。

また同年、救急カート内の緊急用薬品と医療器材及び引き出し内の保管場所配置の検討を行い、認知負担の軽減と薬剤の種類や量などによる選択エラーに起因する誤投与の防止を目的に、救急カートの整備と標準化を図りました。

スタッフ紹介

医療安全管理室長
  • 金 秀植(循環器内科部長)
医療安全管理室メンバー
  • 濵中 努(薬剤部主任)