後期臨床研修医募集

後期研修プログラム

医療人として必要な基本姿勢・態度

以下の研修目標については、すべての診療科の研修において共通するものであり、初期研修のみならず後期研修においても、全期間を通してその習得を心がけるべき事項である。

患者一医師関係
一般目標

患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立する。

到達目標
  1. 患者、家族の二一ズを身体・心理・社会的側面から把握できる。
  2. 医師、患者・家族がともに納得できる医療を行うためのインフォームド・コンセントが実施できる。
  3. 守秘義務を果たし、プライバシーへの配慮ができる。
チーム医療
一般目標

医療チームの構成員としての役割を理解し、保健・医療・福祉の幅広い職種からなる他のメンバーと協調して、診療を行う。

到達目標
  1. 指導医や専門医に適切なタイミングでコンサルテーションができる。
  2. 上級および同僚医師、他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる。
  3. 同僚及び後輩へ教育的配慮ができる。
  4. 患者の転入、転出にあたり情報を交換できる。
  5. 関係機関や諸団体の担当者とコミュニケーションがとれる。
問題対応能カ
一般目標

患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。

到達目標
  1. 臨床上の疑問点を解決するための情報を収集して評価し、当該患者への適応を判断できる(EBM=Evidence Based Medicine の実践ができる)。
  2. 自己評価および第三者による評価をふまえた問題対応能力の改善ができる。
  3. 臨床研究や治験の意義を理解し、研究や学会活動に関心を持つ。
  4. 自己管理能力を身につけ、生涯にわたり基本的診療能力の向上に努める。
安全管理
一般目標

患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参画する。

到達目標
  1. 医療を行う際の安全確認の考え方を理解し、実施できる。
  2. 医療事故防止および事故後の対処について、マニュアルなどに沿って行動できる。
  3. 院内感染対策を理解し、実施できる。
症例呈示
一般目標

チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な、症例呈示と意見交換を行う。

到達目標
  1. 症例呈示と討論ができる。
  2. 臨床症例に関するカンファレンスや学術集会に参加する
医療の社会性
一般目標

医療の持つ杜会的側面の重要性を理解し、社会に貢献する。

到達目標
  1. 保健医療法規・制度を理解し、適切に行動できる。
  2. 医療保険、公費負担医療を理解し、適切に診療できる。
  3. 医の倫理、生命倫理について理解し、適切に行動できる。
  4. 医薬品や医療用具による健康被害の発生防止について理解し、適切に行動できる。
医療面接
一般目標

患者・家族との信頼関係を構築し、診断・治療に必要な情報が得られるような医療面接を実施する。

到達目標
  1. 医療面接におけるコミュニケーションのもつ意義を理解し、コミュニケーションスキルを身につけ、患者の解釈モデル、受診動機、受療行動を把握できる。
  2. 患者の病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活・職業歴、系統的レビュー)の聴取と記録ができる。
  3. 患者・家族への適切な指示、指導ができる。
基本的治療法
一般目標

基本的治療法の適応を決定し、適切に実施する。

到達目標
  1. 療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄、環境整備を含む)ができる。
  2. 薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド薬、解熱薬、抗がん剤, 麻薬を含む)ができる。
  3. 基本的な輸液ができる。
  4. 輸血(成分輸血を含む)による効果と副作用について理解し、輸血が実施できる。
医療記録
一般目標

チーム医療や法規との関連で重要な医療記録を適切に作成し、管理する。

到達目標
  1. 診療録(退院時サマリーを含む)をPOS(Problem Oriented System)に従って記載し管理できる。
  2. 処方箋、指示箋を作成し、管理できる。
  3. 診断書、死亡診断書(死体検案書を含む)、その他の証明書を作成し、管理できる。
  4. CPC(臨床病理カンファランス)レポートを作成し、症例呈示できる。
  5. 紹介状と、紹介状への返信を作成でき、それを管理できる。
診療計画
一般目標

保険,医療,福祉の各側面に配慮しつつ、診療計画を作成し、評価する。

到達目標
  1. 診療計画(診断、治療、患者・家族への説明を含む)を作成できる。
  2. 診療ガイドラインやクリティカルパスを理解し活用できる。
  3. 入退院の適応を判断できる。
  4. QOL(Quality of Life)を考慮にいれた総合的な管理計画(リハビリテーション、社会復帰、在宅医療、介護を含む)へ参画する。
緩和・終末期医療
一般目標

緩和・終末期医療への参画および臨終の立ち会いを経験することを通して、緩和・終末期医療を必要とする患者とその家族に対する全人的な対応とは何かを体得する。

到達目標
  1. 心理社会的側面への配慮ができる。
  2. 基本的な緩和ケア(WHO 方式がん疼痛治療法を含む)ができる。
  3. 告知をめぐる諸問題への配慮ができる。
  4. 死生観・宗教観などへの配慮ができる。