後期臨床研修医募集

循環器内科 後期研修プログラム

※循環器内科後期研修医の募集は終了いたしました。

I.スタッフ

  • 上川雄士(日本循環器学会循環器専門医など)
  • 宝田明(日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医、日本超音波学会専門医、難病指定医)
  • 堂本康治(非常勤)
  • 岡野光真(非常勤)

II.指導医紹介

上川雄士

平成3年神戸大学医学部卒業。麻酔科、集中治療部を経て、日本医科大学付属高度救命救急センターで救急外傷学を研鑽した。その後京都大学医学部心臓血管外科に入局し、社会保険小倉記念病院で心臓血管外科医として勤務した。当時小倉記念病院は全国3位の手術件数で、手術マネージメントと多数の開心術の第I助手、また主に腹部大動脈瘤や末梢血管手術の執刀医として勤務した。その後日本医科大学千葉北総病院救命救急センターにて主に胸部大血管外傷に対する診療に参加し、在籍3年間で心破裂3例、心刺創2例、外傷性胸部大動脈破裂2例 などの救命を含む多数の胸部外傷患者の執刀を担う。その後群馬循環器病院で心臓血管外科医としてだけではなく、カテーテル検査、治療にあたり、その後天皇陛下の冠動脈バイパス術執刀医として知られる天野篤教授のもとで順天堂大学医学部心臓血管外科にて勤務した。東京都東部地域病院、新東京病院などで心臓血管治療にあたり、順天堂大学静岡病院で心臓血管外科の責任者として勤務し、多数の手術とカテーテル治療を行い、腹部大動脈瘤のステントグラフト治療など低侵襲治療を得意とする。

資格など
  • 循環器専門医
  • 外科専門医
  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医
  • 麻酔科専門医
  • 心臓血管麻酔学会評議員
  • 胸部外科認定医
  • 救急科専門医
  • JATECインストラクター

III.基本的目標と特徴

循環器内科は生命維持に最も重要である心血管系を対象としており、心血管系疾患は病態の変化が急速なことが多いため、医師による正確かつ速やかな病態の把握、診断ならびに治療方針の決定が要求される重要な部門である。

循環器科医は、一般内科医としての基本を学んだ後に、後期研修(専攻医)として循環器疾患の診断と治療に関する専門的知識ならびに技術を習得する。

当科は急性期病院の循環器科として

  1. 循環器科診療を通じて地域に貢献する
  2. 循環器科診療を通じて院内他科に貢献する
  3. 循環器科職員の自己実現を援助する

という3つの目標を掲げて日常診療に従事している。

当科研修の特徴は、急性冠症候群の治療に関しては365 日24 時間の対応を行っている。研修の概要は以下の通りである。

初療室・ICUにおいて急性期循環器疾患、特に心筋梗塞患者や急性心不全患者の初期治療についての研修を受ける。また、心臓カテーテル検査、心臓電気生理学的検査、冠動脈造影、冠動脈インターベンションなどの検査ならびに治療法の習得を目指す。救急外来・集中治療室・CCUにおける循環器疾愚患者の急性期治療・全身管理を目標としたトレーニングを受けることができる。

IV.研修及び指導方法

  1. 専攻医は指導医の指導のもとに入院患者の主治医として診療を行う。
  2. 専攻医は指導医の指導のもとに当直業務、時間外診療の研修を行う。
  3. 専攻医は指導医の指導のもとに循環器外来診療を行い、問診・診察・検査を迅速にかつ効率的に行う。
  4. 専攻医は患者の退院後1 週間以内に退院サマリーを提出し評価を受ける。
  5. 専攻医は指導医の指導のもとに症例検討会、抄読会、回診の他、内科全体及び病院全体のCPCや各種のカンファレンスに積極的に参加する。
  6. 専攻医は指導医の指導のもとに各学会への症例報告、論文作成を行う。

V.研修過程

後期研修の目標

内科全般に及ぶ2年間の前期研修で習得した知識技術の向上に努め種々の疾患の診断治療方針を立て救急診療にも積極的にかかわる。さらに前期研修の研修医に対して指導できる能力を養い精神的技術的に援助する努力をする。

  • 1年目(卒後3年目),内科全般の知識技術の確認、循環器科検査法の習得・理解
  • 1年目終了後内科認定医の資格習得試験を受験
  • 2年目(卒後4年目):循環器科検査法の訓練、循環器科治療法の習得・理解
  • 3年目(卒後5年目):循環器科治療法の訓練

上記は目安であり、到達状況によって後期研修のプログラムの進行は異なる。例えば冠動脈造影法に習熟することが冠動脈インターベンションを行う前提になるが、その開始時期は個人差がありうる。

循環器科また各人の希望に応じてオプションの設定は可能である(例:消化器科に依頼して胃内視鏡検査技術の習得など)。

1.病棟業務
  • 指導医の指導の下に主治医として患者の診療に当たり種々の疾患について知識と技術の向上に努める。
  • 毎朝受け持ち患者の回診を行い、患者の病状を把握し問題点を指導医とともに検討する。
  • 循環器内科診療の基礎知識である薬物の薬理作用、副作用、中毒に関する知識を十分に習熟し、処方、注射の指示を行う。救急処置診断及び治療処置を習得する。
2.回診・カンファレンス
  • 毎朝のカンファレンスに参加し、各担当医の診断治療方針を知りともに検討する。
  • 入退院報告を週1回行い、入院患者について全員で検討する。
  • 週1回の症例検討会において、輪番で症例報告を行い各種疾患の問題点を整理し知識の向上に努める。
  • 退院サマリーの作成、剖検抄録の作成を速やかに行う。
3.習得すべき手技・技法
  • 責任を持って施行可能になるべき特殊検査・治療法
    救急蘇生法(気管内挿管、心臓マッサージ法、電気的除細動など)トレッドミル運動負荷・運動負荷及び薬剤負荷心筋シンチグラフィー検査・心エコー図検査、心臓カテーテル検査法、冠動脈造影法、スワンガンツカテーテル挿入法、心膜穿刺法、胸水穿刺法・検査結果を判読できることが必要な検査ホルター心電図,運動負荷心電図、胸部CT 検査、胸MRI 検査、心エコー図検査、心筋シンチグラフィー検査、スワンガンツカテーテル検査、冠動脈造影、左室造影、電気生理学的検査
  • 責任を持って施行できるべき治療法
    強心薬、利尿薬、抗不整脈薬、降圧薬、血管拡張薬、CCU における急性心筋梗塞・心不全患者の血行動態モニター下での治療・大動脈内バルーンパンピング・体外式ペーシングカテーテル挿入・経皮的人工心肺装置(PCPS)
  • 指導のもとに施行可能となるべき治療法
    冠動脈インターベンション・基本的な電気生理学的検査

VI.研修期間

3年間

VII.取得できる認定医・専門医

日本循環器学会認定循環器専門医:初期研修を含め合計6年の研修が必要であり、本研修修了後さらにもう1年の研修を要する。

週間スケジュール(例)

 
グループカンファ
心カテ/アンギオカンファ
心エコーカンファ モーニングレク
チャー
グループカンファ
抄読会
午前 心筋シンチ 心カテ/アンギオ 外来 外来 心エコー

内視鏡

外来
(交替)
午後 心エコー 心カテ/アンギオ 総回診 心カテ/アンギオ 心臓CT
MRI
 
剖検会
消化器カンファ
  内科カンファ 心エコーカンフ
   

VIII.後期研修に循環器科を考えている皆さんへ

やっぱり、症例が多くなくちゃとか珍しい疾患を見なきゃとか色んな思いが巡っているでしょう。

有名な病院じゃなきゃね~なんて思われている方も多いでしょう。もちろんそれも正しい道かも知れません。
ただ専門病院や有名病院には明るい部分もある反面、落とし穴もあります。

切磋琢磨できる仲間もいる反面、症例を分かち合う必要もあるし、譲ったり譲られたり、我慢したりすることも多いのでは?

時間の制約もあります。緊急で全員呼び出しなんて病院もあります。カンファが終わるのが夜9時なんてことも!!
当院のメリットは、循環器のすべての患者に関わります。ただし、数は知れています。そしてすべての手技のオペレーターです。
もちろんPCIもです。それをマンツーマン指導します。

循環器科(当院では循環器内科ではなく循環器科と自称しています)は内科系ではありますが、侵襲的かつ一部外科手技もありますね。でも循環器内科医のどれぐらいの人が外科を研修したのでしょうか。昔の研修はストレート研修が多かったものです。
糸結びもなんだかな~って指導医もいるかも知れません。

カットダウンできる循環器内科医やフォガティー血栓除去ができる循環器内科医はどれほどいるでしょうか?

そんなん、外科に任せればいいじゃん。確かにその通りですが、患者さんは内科、外科を区別して受診する訳ではないことも多いものです。少なくとも適応や方法については理解しておく必要があります。でも自分の患者さんが手一杯で手術見学することが出来なかったり、外科医にコンサルトして疎まれたりすることもあるかも知れませんね。

救命救急に携わっているため、緊急IVRも当方が担っている部分もあります。血管を広げる循環器内科ではありますが、当院では血管を塞栓することも経験できます。これは万一の穿孔の場合などできっと役に立つでしょう。

心嚢穿刺は出来るけど、心膜開窓術はできないよ。開胸なんて出来るはずないよ。

でも疾患は人を選んでいませんよ。当院では出来ます。また閉塞性動脈硬化症で疼痛管理に硬膜外ブロックは有用です。
場合によっては脊髄電気刺激法を行う場合もあります。麻酔科に頼んだら、忙しいから今日は無理なんて言われるかも。
やってやっても良いけどとか、なんで上から目線?なんてこともあります。本当に要るんですか~なんて言われ、指導医に持って帰ったら、もう一回頼んでこいなんて、トホホ。当院ではすべて循環器科で賄います。自分のテリトリーを広げませんか?

当院では出来ない、経験できないこともあるのも事実です。

ICDやCRTは出来ません。ただ手技はペースメーカーの延長にあります。心臓外科手術はしません。
ただコモンの疾患はすべて経験し、担当し、治療していきます。その手技はすべてあなたの物です。

一般内科・消化器内科と連携しています。だからここで学べば、内科・循環器科・救急総合診療の経験を積めるでしょう。
そのため、複数研修医は教えられません。あなたがいる間は追加して募集はしません。
徒弟制度ってことですが、言い換えて「一子相伝」って思ってください。ラディアル穿刺の極意、あなただけに教えます。

ちなみに、業務は7時には終わるので、アフターは好きに楽しんでくださいね。

IX.製鉄記念広畑病院 循環器内科 紹介動画

※ご利用回線の状況により映像・音声などが乱れたり、スムーズな視聴ができない場合があります。あらかじめご了承ください。
※企業や施設内のLAN等を利用してインターネットアクセスしている場合、ネットワーク環境によっては、映像が再生されないことがあります。その際は、ご利用のネットワーク管理者の方にご相談ください。

資料請求・プログラムに関する問い合わせ、応募書類提出先

〒671-1122
兵庫県姫路市広畑区夢前町3丁目1番地
社会医療法人製鉄記念広畑病院 (担当)総務課
TEL:079-236-1038
FAX:079-236-8570
Eメール: ※広告お断り
※Eメールは、求人関連のお問合せのみ受付をいたします。
※人材斡旋業者はこのアドレスにEメールを送信しないでください。