来院される皆さんへ

兵庫県指定がん診療連携拠点病院

当院は平成24年10月5日、兵庫県知事より「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。

今後も他の拠点病院と相互に連携してがん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケアの充実、在宅医療の支援、がん患者・家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供等に努め、地域におけるがん医療の充実に努めます。

がん診療連携拠点病院とは

兵庫県指定がん診療連携拠点病院認定証兵庫県では、がん医療における地域連携を促進し、更なるがん医療水準の向上を図ることを目的として、県内各圏域においてがん診療機能の充実を図り、県民に安心かつ適切ながん診療を提供することができると認められた医療機関を「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」として指定しています。

指定を受けた病院においては、がん診療状況等を公開し、がん医療水準の向上に努めることとなっています。

兵庫県指定がん診療連携拠点病院の主な指定要件

  • 化学療法、放射線療法等の集学的及び標準的ながん治療の提供が可能であること
  • 緩和ケアの提供体制を整備していること
  • セカンドピニオンの提示体制を整備していること
  • がん診療に関する専門的な知識と技能を有する医療従事者が配置されていること
  • 専門的ながん医療を提供するための治療機器や治療室が設置されていること
  • 患者や家族からのがんに関する相談対応が可能であること

がん患者の会

当院にはがん患者の会「たんぽぽの会」があります。「たんぽぽの会」は、がん患者・家族がお互いに体験を共有し、情報交換を行って、自分たちの生活にあったがんとの付き合い方を見出していく自助グループです。

本会を当院のがん看護専門看護師およびがん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師などの医療従事者がサポートしています。また、毎月1回定例会を開き、情報交換等も行っています。

関連ページ