来院される皆さんへ

宗教上の理由から輸血を拒否される患者さんへの基本方針

製鉄記念広畑病院は相対的無輸血治療を輸血療法の基本方針としています。

 当院では、可能な限り無輸血治療の努力をしますが、輸血以外に救命の手段がないような緊急の場合には、輸血その他同意書に同意の署名が得られなくても輸血治療を行い、救命のための治療を最優先します。この方針は患者さんの年齢、意識の有無にかかわらず適用します。

 宗教上の理由等による輸血拒否を申し出られる方の「(※1)絶対的無輸血治療」のための「輸血拒否と免責に関する証明書」等による同意を求められましても署名はいたしません。

 患者さんには、当院の方針について分かり易い言葉で説明し、納得し同意が得られるように努めますが、輸血以外に救命の手段がないような場合にいたっても、救命のための輸血を拒否されることが明白であれば、速やかに他の診療機関での受診をお勧めします。

 なお、この(※2)相対的無輸血治療方針は個々の医師に判断を委ねるものではなく、当院全体の基本方針としております。

 宗教上の理由等による輸血拒否を申し出られる方にも相対的無輸血治療の基本方針をとりますが、それを理由に診療を拒否することはいたしません。

  • (※1)絶対的無輸血治療:輸血以外に救命手段がない状況であっても、患者さんの輸血拒否の意思に従い、最後まで輸血を行わない治療方法
  • (※2)相対的無輸血治療:可能な限り無輸血治療に努めるが、救命のために輸血が必要と判断した時は輸血を行う治療方法