来院される皆さんへ

禁煙外来のご案内

最近は禁煙への関心が社会的にも高まってきており、たばこをくわえた姿がなんともかっこいいあの俳優の舘ひろしさんも某薬品会社のコマーシャルで禁煙に取り組んでいます。町ではタスポの導入や、全面禁煙の店や道路、電車、ホームなどが増えてきています。

禁煙は気合いだけではなかなかやめるのが難しいニコチン依存症という病気としてとらえ、治療していく必要があります。喫煙は呼吸器疾患だけでなく、心臓血管病、消化器疾患、がんなど多岐の疾患の危険因子と認識されています。いまでは禁煙のために保険診療もできるようになり、ニコチンを含まない内服薬(チャンピックス)が治療の主流となっています。病気の一次予防、二次予防としての禁煙は大切なことですので、是非一緒に取り組みましょう。

禁煙外来実施条件

  • 敷地内禁煙であること
  • 患者自らが禁煙を望むこと
  • ニコチン依存症診断用のスクリーニングテスト (TDS) を行い5点以上の診断された者
  • 喫煙年数と1日の喫煙本数を掛けた値が200以上であること
  • 治療方法に関しての文章を読み、治療に関する承諾書を記述すること

実施方法

禁煙外来

内科外来 毎週水曜日午前9:00~
内科医師、看護師、薬剤師が皆さんの禁煙を応援いたします。

方法

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を行います。
診察では、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。

毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師や看護師、薬剤師がアドバイスを行います。

費用

12週間で約19,000円(自己負担3割として)

詳細は内科外来へお訪ねください。予約が必要です。