先輩ナースのご紹介

先輩からのメッセージ:企画座談会『ちょっとだけ教えます!製鉄記念ナースのホンネ』

将来の夢

―将来の夢は何でしょうか?

K.Aさん:
看護師としてのキャリアを積み重ね、患者さんやそのご家族から必要とされる看護師を目指していきたいです。

N.Yさん:
まだまだ未熟であり日々勉強の毎日ですが、将来的には技術、知識を身に付けた上で、根拠をもって看護を提供し、患者さんの声にも耳を傾けられるような看護師になることが夢です。

N.Rさん:
経験を積んで、冷静な判断と臨機応変に対応できる看護師になりたいです。

Y.Kさん:
緩和ケアに興味があるので、緩和ケアの勉強会などで知識をより深め、身体的にも精神的にも患者さんを支えられるような看護師になることです。

Y.Mさん:
今はまだ、ICUという重症度の高い部署で日々患者さんを受け持ち、知識・技術を深めています。ICUでは、挿管中や鎮静管理中の患者さんが多く、意思疎通が難しく、コミュニケーションをとることが難しいので、患者さんとの関わりを大切にし、患者さんに寄り沿うことの出来る看護師になることが今後の目標です。また、急変時の迅速な対応や、急変予測の出来る看護師になりたいです。

ページトップへ

  • 個人情報保護方針(製鉄記念広畑病院)