私たちが、広畑病院です。~中・西播磨の基幹病院として、私たちができること~ 製鉄記念広畑病院は、中・西播磨医療圏の基幹病院として大きく分けて4つの機能を兼ね備えております。この企画ではその4つの機能にそって、広畑病院の診療体制や未来像をご紹介いたします。

患者支援について

巽副院長・仁尾副院長

患者総合支援センターの具体的な機能について

当院をご利用される方が、安心して治療を受け、より快適な生活が送れるように患者さんの受診から入院、退院後の生活まで安心して療養が送れるようサポートします。
スタッフは医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、事務職員で編成しており、4つの機能を持っています。
1つ目は地域医療連携で、地域医療機関・施設・事業所行政等の連携を強化し、地域から支持される病院を目指します。
2つ目は患者相談支援で、患者さんの療養に伴い生じる社会的、経済的、心理的な悩みに対してご相談をお受けします。患者さんと家族と話し合い一緒に解決していきます。
3つ目の病床管理は入院治療の必要な患者さんを円滑に受け入れられるよう院内連携体制を構築し適切な病床運用をしていきます。
4つ目の情報分析・発信は院内の情報を集約し、患者さんや病院にとって有益な情報を発信していきます。其々の職種ごとに業務を縦割りにせず、業務内容に応じて職種間で相互に協力しセンター一体となって運用を行っています。

実際の相談内容

主に療養上の相談、診療・治療上の相談、経済的な相談が多くあります。
療養上の相談内容としては退院後の在宅療養における各種サービスを受けるための手続きや、転院先の紹介など主に社会的資源の活用方法です。診療・治療上の相談については現在治療を受けている疾患に関連した薬剤、検査、手術等多岐にわたっています。該当の医師や看護師長にフィードバックするケースもあります。
「がん」に関する相談も多く、がん相談支援センターと連携しています。経済的な相談も最近は増加しており、特に高額ながん治療費や、救命救急センター経由の重症患者さんの治療費等の相談は医事課の担当者と連携し具体的に制度の利用について説明し対応しております。

患者さんへのメッセージ

入院受付で入院のご説明を受けられる時に、困っていること、不安に思っていることを担当者に是非ご相談してください。入院後には専門職で構成された沢山のチーム医療を編成しておりますので、患者さんのニーズに合った関わりができる体制ができております。
患者相談の内容については、2ヶ月に1回部門長会議を開き、問題があれば協議し解決策を模索していきます。病院全体として情報共有を行っており、地域のみなさんの声を頂きながら、この病院を創っていくということを心がけています。
総合病院として、患者さんの病気を治療するのはもちろんのことですが、心と身体をトータルにサポートする事が大切と考えています。入院した時から退院時まではもちろんのこと退院後の日常生活に安心して戻って頂けるまでをサポートする事が地域のみなさんと共に成長してきた当院の必要な役割だと考えています。