私たちが、広畑病院です。~中・西播磨の基幹病院として、私たちができること~ 製鉄記念広畑病院は、中・西播磨医療圏の基幹病院として大きく分けて4つの機能を兼ね備えております。この企画ではその4つの機能にそって、広畑病院の診療体制や未来像をご紹介いたします。

がん拠点について

内科部長・人工透析科部長(兼)・感染防止対策室長(兼) 藤澤 貴史

広畑病院のがん診療体制についてお聞かせください。

一般的に最近は、消化器病センター、がんセンター、集学的治療センター等のセンター化をされている施設が結構増えてきたのですが、当院でもセンター化を目指し、内科、外科、放射線科、婦人科、泌尿器科等のがんを取り扱う科で協力してセンターに近い形でがん治療に取り組んでいます。

私の専門領域のお話をしますと内視鏡になりますが、当院では内視鏡センターを去年からオープンさせ、非常に広い設備と最新の機器を使用し、これまで以上に早期がんの早期診断、精密診断ならびに確実で安全な内視鏡的治療を目指して取り組んでいます。

他の消化器がんについては外科の先生と協力し、カンファレンス等を通じて情報交換をしながら患者さんのQOLや治癒に近い形での治療、それが難しい場合についても抗がん剤による化学療法、放射線治療を患者さんのニーズにあわせて行い、患者さんのQOLを向上させる治療を各科で協力しながら行っています。
特に放射線治療については近隣にはない様な最新の設備が導入され、ますますがん診療に力点をおいた治療を行えるようになりました。

抗がん剤に関しては、外来での化学療法室、ならびに病棟での化学療法と併用して行い、外来の化学療法においては化学療法の専門看護師が常駐しており、患者さんへの十分な説明や副作用対策、患者さんの心のケアを行いながら安全に抗がん剤の治療を行える事を主眼において治療をおこなっています。

病院の院是は「和」で、何事もチーム医療を重視しておりますので、医師だけでなく看護師、薬剤師、リハビリの方々の多職種でしっかりチーム医療を行います。

緩和ケアにも力を入れているのはなぜでしょうか?

緩和ケアは最近では国からも積極的に推進するように求められています。緩和ケアの一番の目的は疼痛のコントロールですが、それだけでなく、ご本人やご家族の心のケアとか経済的、心理的な負担を少しでも和らげるように患者さんの気持ちを十分にお聞きして、痛みだけでなく全人的なケアを行います。

がんの治療といえば、「手術、化学療法、放射線治療」が3本の柱になりますが、それと同等に4本の柱として緩和ケアを行っていく必要があり、我々が目指しているものです。ですので、がんと診断された時から緩和ケアを行う事が重要だと考えています。
今後は緩和ケアを専門に行う診療科が必要になってきますので、緩和ケア内科を立ち上げ、緩和ケアチームと協力しながらケアを行っていきたいと考えています。世界的な研究でも、緩和ケアをきちんと受けた患者さんは、受けなかった患者さんと比較してQOLが良かったという結果も出ています。

がん相談支援センターも設けており、9時から14時までどなたでもご利用頂けます。そこにはがん専門看護師が常駐しており、患者さんのご家族が相談に来られたり、治療方法や副作用についての相談にも来られています。また心のケアが必要な場合は、臨床心理士が心のサポートも行っています。
また月に1回市民向けの公開講座も行っており、最新の治療方法のご紹介を市民の皆さん向けに分かりやすく行っています。

地域の先生方との連携体制はどのようになっていますか?

地域の先生からご紹介を受けたがん患者さんの受け入れ、また患者さんの容態が落ち着けば、なるべく在宅での治療を進めていますので、地域の先生と相談や協力をしながら患者さんをサポートできればと考えていおり、地域の先生との情報共有をオープンカンファレンスという形で緩和ケアに関する勉強会や講演会という形で一緒に勉強していく体制作りを行っています。
在宅医療を行うにあたり、地域の先生と更なる交流をもって、地域で患者さんを診ていくという体制作りをして行きたいと考えています。
当院で手術をされた方は、その後のフォローや緩和ケアも含めた形で地域連携パスなども利用して地域の先生と協力して診ていく体制も作っています。

今後のがん診療のあり方についてお聞かせください。

外科手術に関しては、患者さんのQOLを目指してなるべく腹腔鏡で行い、患者さんに負担のかからない方法を選択しておりますし、緊急時においても救命救急センターに来ていただいて対応が可能です。

今後は、内視鏡においての早期発見、早期治療、手術、抗がん剤、化学療法、放射線治療、緩和ケア、そしてそれらをしっかりとしたチーム医療でサポートする。また可能な限り地域でサポートする。姫路地域でのがん診療の拠点としての役割を出来る限り果たしていきたいと考えています。