消化器内科

はじめに

 消化器内科では、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓に関する多数の疾患を診療しています。消化器疾患は結石、出血、炎症などの良性疾患だけではなく、各臓器に発生する悪性腫瘍もあり、丁寧な診察、CTやMRIなどの画像診断、消化器内視鏡を用いた正確な診断および治療介入が必要となります。

 当科では特に消化器内視鏡による診断・治療を得意としており、従来では開腹手術などが必要であった疾患に対しても、内視鏡を用いて開腹手術をせずに治療を完遂することが可能なものもあります。外科など関連診療科とも密に連携し、消化器チーム治療を実践しています。また総胆管結石、急性胆管炎・胆嚢炎、急性膵炎や消化管出血など、緊急性を要する消化器疾患にも積極的に対応しています。腫瘍内科とも連携し、最適な化学療法も行っています。



対象疾患・治療法について

1. 膵胆道領域疾患

対象疾患: 胆石症(胆管結石、胆嚢結石)、急性胆管炎・胆嚢炎、急性膵炎・慢性膵炎・膵石症(とくに原因不明の膵炎)、膵胆管合流異常、膵管癒合不全、自己免疫性膵炎、(原発性・二次性・IgG4関連)硬化性胆管炎、原発性胆汁性胆管炎、胆嚢ポリープ、膵嚢胞性疾患 (IPMN/MCN/SCN/SPNなど)、胆道癌、膵癌、十二指腸乳頭部癌、膵神経内分泌腫瘍、膵胆道特殊型腫瘍など

上記疾患に対し、以下の内視鏡検査を行います。
● ERCP 内視鏡的逆行性胆管膵管造影
 EST       内視鏡的乳頭括約筋切開術 および採石/砕石術
 EBD/ENBD 内視鏡的胆道ドレナージ/内視鏡的経鼻胆道ドレナージ
 EPS/ENPD 内視鏡的膵管ステント留置術/内視鏡的経鼻膵管ドレナージ
 POCS-EHL 経口胆道鏡下 電気水圧式胆道結石砕石術       
 BAE-ERCP バルーン内視鏡補助下ERCP
● EUS  超音波内視鏡検査
 EUS-FNB  超音波内視鏡下吸引針組織診
 EUS-BD/PD    超音波内視鏡下胆道/膵管ドレナージ
 EUS-TD       超音波内視鏡下経消化管的ドレナージ(重症急性膵炎後)

胆道結石、慢性膵炎や閉塞性黄疸などに対し、ERCP関連手技を行っています。困難症例(挿管困難、消化管再建術後、高硬度結石や大結石など)にも対応しています。
EUSを用いて膵癌のリスクが高い糖尿病悪化、膵嚢胞症例の精査や、またCTやMRIでは描出できない小膵癌、早期慢性膵炎の診断などを行います。EUS関連手技では専用針を用いた穿刺を行い、診断や治療に関する手技を行っています。
難治癌と言われている膵癌も、早期発見→早期診断・治療すれば長期間の生存も望めるため、当科でも積極的に取り組んでいく所存であり、地域の医療機関の先生方とも密接に連携したいと考えています。

2. 消化管領域疾患

対象疾患: 逆流性食道炎、ピロリ菌疾患(胃炎など)、消化管出血、消化管異物、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸・大腸潰瘍、急性胃腸炎(感染性・非感染性)、静脈瘤(とくに食道、胃静脈瘤)、消化管ポリープ、食道癌、胃がん、小腸癌・小腸腫瘍、大腸癌、消化管神経内分泌腫瘍、消化管間葉系腫瘍(GIST)、潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病など

上記疾患に対し、以下の内視鏡検査を行います。
● ESD   内視鏡的粘膜下層剥離術 :早期癌に対する内視鏡治療
● EMR   内視鏡的粘膜切除術:通常のポリープ切除
● LECS   腹腔鏡内視鏡合同手術: 胃粘膜下腫瘍に対する縮小手術
● EIS/EVL  内視鏡的静脈瘤硬化療法/結紮術:食道、胃静脈瘤治療
● カプセル内視鏡・バルーン小腸内視鏡

当科では消化管腫瘍、とくに早期癌 (食道癌、胃癌、大腸癌)を内視鏡で診断・治療します。診断には色素内視鏡、拡大内視鏡など精密検査を行い、腫瘍の範囲・深達度を調べ、内視鏡治療と外科手術のいずれか最適な治療法を検討します。
IBD(潰瘍性大腸炎やクローン病など)に対して、生物製剤やCAP(血球成分除去療法)も中等症以上の症例に行っています。

3. 肝疾患
  

対象疾患: B型肝炎、C型肝炎、薬剤性肝障害、急性ウイルス性肝炎(EBウイルス、サイトメガロウイルス、A型・E型急性肝炎など)、自己免疫肝炎、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎など

  

肝臓学会関連施設(肝臓学会指導医1名、専門医2名)として、専門医を中心に肝疾患診療を行っています。近年、健診受検者の約30%を占める非アルコール性脂肪性肝疾患(いわゆる脂肪肝:NAFLD)のうち、炎症を伴い肝硬変への進展や肝癌の合併を来すNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)が注目されており、定期的な血液検査や画像検査(肝硬度測定を含む)が重要です。日本では肝炎ウィルス以外の肝細胞癌が増加傾向となっており、原因としてNASHからの発癌増加が大きく関与していると考えられています。肝細胞癌に対し、当科では外科、放射線科、病理検査科と診療科横断的な連携のもと、肝切除(開腹・腹腔鏡)、腹部血管造影・肝動注塞栓術、経皮的ラジオ波焼灼療法、内服化学療法(レンバチニブなど)、放射線治療を選択し、肝細胞癌治療アルゴリズムをベースにして個々の患者様の状況に応じて加療を行なっています。当院でほとんど対応可能ですが、病状・治療内容により神戸大学、県立加古川医療センター、県立粒子線医療センター、低侵襲がん治療センターなどへも連携対応しています。

(文責) 消化器内科部長 佐貫 毅

検査・治療実績

スタッフ紹介

当科では神戸大学消化器内科だけでなく、兵庫医科医科大学消化管内科とも連携がとれることとなり、適切な診療を提供するための充実した体制をとれるようになりました。

担当医 佐貫 毅(平成7年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科部長兼内視鏡センター長
認定医・専門医等
資格名
日本内科学会認定医・総合内科専門医・近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員
日本消化器病学会専門医・指導医・近畿支部評議員
日本膵臓学会指導医
神戸大学臨床准教授
担当医 森川 輝久(平成8年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
担当医 田中 克英(平成16年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
担当医 藤垣 誠治(平成21年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科担当部長
認定医・専門医等
資格名
医学博士
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本消化器病学会認定消化器専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
担当医 有吉 隆佑(平成22年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科担当医
認定医・専門医等
資格名
医学博士
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
担当医 城端 慧(平成29年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科担当医
担当医 植田 ちさと(平成10年卒)
担当 消化器・一般内科
役職 消化器内科担当部長
認定医・専門医等
資格名
労働衛生コンサルタント
日本医師会認定産業医

各種学会施設認定

  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本カプセル内視鏡学会認定指導施設
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設

学術活動紹介

今後もさらに、スタッフ・設備の拡充を図り、適切な医療の提供をすすめていきます。