診療科・部門等のご案内

神経内科

診療科の特色

 「神経内科」で診療を行っております疾患は、中枢神経(脳・脊髄)から末梢神経(運動・感覚・自律神経)および筋肉(主に骨格筋)の疾患です。

 精神科(精神神経科)とは異なり、心の疾患(うつ病や統合失調症、神経症)やパーソナリティー障害は診療の対象とは致しておりません。

 神経学的診察には長時間を要することが多く(初診の場合には約1時間程度必要な場合が多いです)、大変申し訳ございませんが、初診・再診とも予約制にて外来診療を行っております。

対象疾患・治療法について

具体的には当院の神経内科では以下のような疾患に対し診療に当たっております。

  • 神経難病
    パーキンソン病や進行性核上性麻痺など
    脊髄小脳変性症
    多発性硬化症
    重症筋無力症
    慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • てんかん(Epilepsy)
  • 脳卒中やその後遺症

 神経難病をはじめとする神経内科疾患は、未だその原因が明らかとなっていない疾患も多く、治療法に関しても有効な治療法がまだ多くはない状況です。厚生労働省の「指定難病」も数多くの神経内科疾患が指定されています。

 しかし近年、いくつかの疾患に関しては新たな治療法が導入されており、十分な効果が期待できる治療法も出現してきました(免疫性神経疾患に対する免疫グロブリン大量静注療法や、多発性硬化症に対するフィンゴリモド、パーキンソン病に関しては多数の新規薬剤の開発が現在も進んであり、新規抗てんかん薬も多くのものが使用可能となりました)。

スタッフ紹介

担当医 山田 則夫(平成8年卒)
役職 神経内科部長
認定医・専門医等
資格名
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医
その他の資格等 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本医師会認定産業医
日本医師会指導医のための教育ワークショップ修了
脳梗塞rt-PA適正使用講習会 受講