診療科・部門等のご案内

整形外科

診療科の特色

整形外科は全身の痛み・変形・機能障害を治療します。

その範囲は広く、骨折・脱臼・捻挫などの外傷性疾患、腰痛や頚部痛などの脊椎疾患、リウマチや変形性関節症などの関節疾患、スポーツによる外傷や骨軟骨腫瘍など多方面にわたっています。

整形外科の特徴

当院整形外科の特徴として、出来るだけ手術治療を必要とする患者さんに適切に対応できるように努力しており、年間800人以上の多くの手術を行っております。

外来診療では、救急病院としての役割もあり、手術が必要な患者さんや緊急性の高い患者さんを中心に診察を行っていますので、初診の患者さんは、可能ならば紹介状をご持参ください。

また、骨粗鬆症等の長期にわたる継続的な投薬や、外来通院でのリハビリや注射等が必要な患者さんには近隣の整形外科クリニックとの連携を進めています。

手術治療について

手術治療が必要と判断され、説明の後、手術を希望される患者さんは入院加療とさせていただいておりますが、術後のリハビリ等の継続が必要な場合は、リハビリ専門の連携病院等への転院をお願いしております。

手術では、麻酔科専門医の管理下にすべて行っており、可能な限り必要な手術に対応いたしております。当整形外科の専門は、スポーツ障害(膝半月損傷、靱帯損傷など)、関節外科(人工膝関節、人工膝関節再置換、人工股関節)と四肢、骨盤の骨折に対する手術治療です。

最新の治療法をふまえつつ、困難な症例に対しても患者さんの利益を考え治療をしております。特に可能な限り身体に対するダメージを抑える最小侵襲手術法を取り入れ、早期離床、早期リハビリテーションにより良好な機能回復を目指し、看護師、リハビリテーション科などと連携し治療しています。

対象疾患・治療法について

  1. 変形性膝関節症、膝骨壊死:関節鏡視下手術(デブリードマン、自家骨軟骨移植)、単顆型人工膝関節、人工膝関節全置換術等
  2. 膝スポーツ損傷:関節鏡視下半月縫合術、部分切除術、前十字靱帯再建術、自家骨軟骨移植
  3. 変形性股関節症、大腿骨頭壊死症:人工股関節置換術
  4. 人工膝関節後緩み等:人工膝関節再置換術
  5. 大腿骨頚部骨折:最少侵襲人工骨頭置換術、骨接合術
  6. 骨折全般:最少侵襲手術方法を可能な限り適応
  7. 骨盤骨折:観血的整復固定術

その他、種々の手術に関してご不明な点はお尋ねください。

症例数・治療実績

平成26年度の外来患者数は約11,400人、入院患者数は約1,700人

専門・特殊外来診療

関節外科、スポーツ整形外科、骨軟部腫瘍、小児整形外科

※上記専門外来についての詳細は窓口までお問い合わせください。

スタッフ紹介

担当医 村津 裕嗣(昭和62年卒)
役職 整形外科部長
認定医・専門医等
資格名
日本整形外科学会 専門医・指導医・認定脊椎脊髄病医
その他の資格等 医学博士
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員
中部日本整形外科災害外科学会 評議員
神戸大学医学部臨床教授
日本医師会 生涯教育制度研修認定
日本医師会 指導医のための教育ワークショップ 修了
担当医 宮 秀俊(平成4年卒)
役職 リウマチ科部長
認定医・専門医等
資格名
日本整形外科学会 専門医・指導医
その他の資格等 リウマチ財団登録医
神戸大学医学部臨床准教授
担当医 圓尾 明弘(平成7年卒)
役職 整形外科担当部長
リウマチ科担当部長(兼)
認定医・専門医等
資格名
日本整形外科学会 専門医・指導医
その他の資格等 医学博士
日本医師会 生涯教育制度研修認定
神戸大学医学部臨床講師
担当医 古賀 敬章(平成15年卒)
役職 整形外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本整形外科学会専門医・指導医
その他の資格等 医学博士
担当医 大島 隆司(平成18年卒)
役職 担当医
認定医・専門医等
資格名
日本整形外科学会 専門医
担当医 神村 真人(平成23年卒)
役職 担当医
担当医 澤内 健一(平成24年卒)
役職 担当医
担当医 渡邉 秀(平成25年卒)
役職 担当医
担当医 尾ノ井 勇磨(平成26年卒)
役職 担当医

施設認定紹介

  • 日本整形外科学会認定医制度研修施設

学術活動紹介