診療科・部門等のご案内

脳神経外科

診療科の特色

当科では、特に脳卒中(クモ膜下出血、脳内出血、脳梗塞)の救急診療に力を入れており、24時間常に専門医による対応が可能です。脳神経外科医、神経内科医、リハビリテーション医や看護師、ソーシャルワーカーなどがあらゆる角度から総合的に患者さんをサポートします。

対象疾患・治療法について

脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷、脊相脊椎疾患、三叉神経痛や顔面痙攣などの脳神経外科疾患のみならず、頭痛やめまいなど日常的な症状にも幅広く対応しています。また、血管内手術や神経内視鏡手術等、先進的な治療も行っています。

脳神経外科外来

当科では、外来初診されますと、問診と神経学的な診察の後、必要があればCTスキャンにまわっていただきます。その日のうちに診断もしくはメドをつけて安心してお帰りいただくためです。

最近は、セカンドオピニオンといって、他の病院にかかられていて当院に別の意見を求めて来られる患者さんも多くなってきました。

手術を奬められ、迷っている時など、遠慮なさらずにご相談ください。

救急外来

「交通事故後や脳卒中を発症した直後の患者さんが救急車で運び込まれる」。もっとも緊張する場面です。

常に死とも直面している部署ですが、その一方で、昏睡状態の患者さんを直接手術室に搬入してその後無事に社会復帰していただいたり、脳梗塞発症直後の血栓溶解療法により動かなかった腕が突然動くようになったりと、もっとも多くの感動に出会える部署でもあります。

脳神経外科病棟

手術後や脳卒中後で点滴中の患者さんが多く入院されています。「病棟では額に脂汗を滲ませて必死の形相で闘病生活を...」といったイメージをお持ちでしょうが、スタッフ一同患者さんの立場に立った対応を心がけており、患者さんの回復状況に合わせた治療を行っています。

入院中はさまざまな悩みや不安を抱えておられるのは当然のことです。ですから、それぞれの患者さんの病状はもちろん、生活史や社会的背景も含めて、一人ひとりに最適な看護を提供できるよう日夜努力を重ねています。

脳神経外科手術

脳神経外科手術は顕微鏡を用いて行われることが多く、中には直径1ミリの血管を糸で縫って繋ぐといった技術も要りますが、顕微鏡をはじめ最新の機器を導入しており、手術は非常に安全に行なわれるようになっています。

症例にもよりますが、術後1~2週間程度で歩いて退院される患者さんもおられます。

ほんの小さな創から行なう神経内視鏡手術や、いわゆる「切らずに治す」血管内手術も日常的に行なわれるようになりました。開頭術も部分剃毛で行ない、退院直後から一見手術したことも判らないようにする工夫も取り入れています。

症例数・治療実績

平成26年度の外来患者数は約4,000人、入院患者数は約620人

平成24年手術実績
術式 件数
脳腫瘍 摘出術
2
生検(開頭)
1
生検(定位)
2
その他
1
脳血管障害 破裂
10
CEA
4
バイパス
3
開頭血腫
6
定位血腫
2
その他
1
外傷 急性硬膜外
2
急性硬膜下
4
減圧開頭
4
慢性硬膜下
19
その他
2
水頭症 脳室シャント
5
内視鏡
3
脊椎・脊髄 変性疾患
1
血管内手術 総数
12
破裂
4
未破裂
1
CCF
1
閉塞性
6
内ステント
6
 その他
24
t-PA 自科主導
4
合計
108

専門・特殊外来診療

頭痛外来

※上記の専門外来についての詳細は窓口までお問い合わせください。

スタッフ紹介

担当医 巽 祥太郎(昭和60年卒)
役職 副院長
患者総合支援センター長(兼)
医療安全管理室長(兼)
認定医・専門医等
資格名
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
その他の資格等 日本医師会 指導医のための教育ワークショップ 修了
病院長等幹部対象緩和ケア研修会修了
担当医 宮本 宏人(平成7年卒)
役職 脳神経外科部長
認定医・専門医等
資格名
日本脳神経外科学会 専門医
その他の資格等 医学博士
日本医師会 指導医のための教育ワークショップ 修了
脳梗塞rt-PA適正使用講習会 受講
日本医師会 生涯教育制度研修認定
担当医 山本 大輔(平成16年卒)
役職 脳神経外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本脳神経外科学会専門医
担当医 森 達也(平成25年卒)
役職 担当医

→担当医師紹介はこちら
→指導医・認定医一覧はこちら

施設認定紹介

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設
  • 日本脳卒中学会専門医認定研修教育病院

学術活動紹介