診療科・部門等のご案内

腎臓内科

診療科の特色

腎臓内科の役割は、大きく二つの柱で考えております。一つは腎臓病の進行予防、もう一つは透析療法を含めた腎代替療法への安全・安心な移行です。腎臓内科では慢性腎臓病(CKD)の考え方に基づいて、腎保護・および心血管保護のための治療を総合的に考えていきます。

対象疾患・治療法について

  • 慢性腎臓病一般(糖尿病性腎症・慢性糸球体腎炎・ネフロ―ゼ症候群、良性腎硬化症など)
  • 急性腎不全(急速進行性糸球体腎炎・急性尿細管障害・悪性腎硬化症等)
  • 電解質異常(ナトリウム・カリウム・カルシウム・リン)
慢性腎臓病一般

腎臓は沈黙の臓器と言われ、静かに進行し症状が出るころには透析療法が必要なくらいの末期腎不全状態に進行してしまいます。手遅れになる前に、できるだけ早期に診断・治療を行うことが重要です。

尿検査の異常は、腎臓が悲鳴を上げている一つのサインですので、検診で尿検査異常を指摘された方はまずは一度受診してください。簡単な採血や尿検査、エコーなどの検査を外来で受けていただき、さらに詳しい検査(腎生検など)や治療が必要な状態かどうか判断し、わかりやすく説明させていただきます。

すべての腎炎・慢性腎不全に対して、腎保護療法としての食事療法(減塩・蛋白制限)・生活習慣の見直し・血圧管理・投薬の調整を行います。
腎生検とは、腎臓の組織を取って腎臓の状態を調べる検査で、腎臓内科では重要な検査です。

しかし現時点では常勤の腎臓内科専門医がいないため、腎生検が必要な場合は神戸大学腎臓内科関連の専門施設で行います。

保存期腎不全

腎不全を進行させる因子を早い段階から突き止めて、少しでも多くの方の腎臓病の進行を抑えることが必要であると考えております。当院では、透析予防をめざして、CKDチームを結成し、多職種のチーム医療でCKD教育入院を行っています。医師講義、栄養指導(特に塩分制限)、生活指導、薬物療法指導、動脈硬化性疾患の精査などを1週間の入院で行います。塩分制限食に慣れていただく事が重要です。


▲CKDチームスタッフ

腎代替療法

残念ながら末期腎不全になられた患者さんには、透析療法(血液透析・腹膜透析)と腎移植についてわかりやすく説明させていただき、それぞれの患者様に合わせて治療法を提案させていただきます。安全かつ安心な腎代替療法への移行をできるように努めています。

その他、当科では様々な電解質異常や難治性高血圧診療などにも積極的に対応させていただいております。

現在腎臓内科はすべて予約制となっております。初診で腎臓内科受診希望の方は地域連携室より予約をお取りいただくようお願いします。

患者総合支援センター 地域医療連携室
TEL(直通) 079-237-8477
FAX(直通) 079-236-3210

スタッフ紹介

藤澤 貴史

昭和58年卒
糖尿病内科部長
緩和ケア内科部長(兼)
人工透析科部長(兼)
感染防止対策室長(兼)


伊藤 純(非常勤)

平成13年卒
日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
外来日:金曜日午前・午後


小川 啓子(非常勤)

平成16年卒
外来:火曜日午前・金曜日午前