診療科・部門等のご案内

緩和ケア内科

診療科の特色

緩和ケアは手術療法、化学療法、放射線療法というがん治療の3本柱と同様に重要ながん治療の一つで、最近では心不全や呼吸不全などの非がん疾患に対しても必要性が高まっています。

緩和ケアは、治療を終えてから実施するものではなく、がんと診断された時から実践するとともに、診断、治療、在宅医療など様々な場面で切れ目無く実施する必要があります。

緩和医療とは、治療を目的とした医療ではなく、症状(特に悪性腫瘍:がんによる症状)を和らげることを目標とした医療を意味します。世界保健機構では、緩和医療について「病気のすべての過程で、患者と家族のQOL(生活の質)の改善を図る積極的な全人的ケア、包括的緩和である」と定義しています。

当院ではこれまで緩和ケアチームが各科と連携して緩和ケアを実践してまいりましたが、今後は緩和ケア内科として独立し、緩和ケアチームと協力して、入院、外来はもとより地域の医療施設と連携して患者さんの症状緩和に努めてまいりたいと思っております。

  1. 院内の緩和ケアに関する標準化をはかる
  2. 症状マネージメント・コンサルテーション
  3. 患者・家族へのケアとサポート
  4. 緩和ケアに関する教育と啓発

以上を緩和ケアチームおよびがん相談支援センターと連携して行います。

対象疾患・治療法について

  1. 苦痛のスクリーニンクの徹底(対象:すべてのがん患者)
  2. 苦痛への対応の明確化と診療方針の提示
  3. 緩和ケアチームの看護師による外来看護業務の支援・強化 チームで対応
  4. 迅速な苦痛の緩和(医療用麻薬の処方等)
  5. 地域連携時の症状緩和

スタッフ紹介

担当医 藤澤 貴史(昭和58年卒)
担当 緩和ケア・消化器・糖尿病・一般内科
役職 総合内科部長
人工透析科部長(兼)
感染防止対策室長(兼)
認定医・専門医等
資格名
緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
がんのリハビリテーション研修ワークショップ修了
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・近畿支部評議員
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医・近畿支部評議員
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
医学博士
担当医 山田 則夫(平成8年卒)
担当 緩和ケア・神経内科
役職 神経内科部長

緩和ケアチーム

  • 松本 仁美(がん看護専門看護師、がん支援相談センター)
  • 上田 るみ子(緩和ケア認定看護師)
  • 濱中 努(緩和薬物療法認定薬剤師)
  • 土井 裕美(緩和薬物療法認定薬剤師)
  • 橘 直子(がん化学療法看護認定看護師)
  • 各部署リンクナース

関連ページ