診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

概要

10秒以上続く無呼吸が睡眠1時間あたり5回以上(平均)起こり、これにより日中の眠気などの症状があることが睡眠時無呼吸症候群の定義です。無呼吸が繰り返されることによって身体に大きな負荷がかかり、多くの生活習慣病の合併症を引き起こすとされています。睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して高血圧を発症する可能性は2倍、狭心症・心筋梗塞は3倍、脳血管障害は4倍、糖尿病は1.5倍という報告があります。その他にも高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。

原因

睡眠時無呼吸症候群になりやすい体型というのがあり、太るとのどや首の周囲に脂肪がつき気道を圧迫するのでいびきや睡眠時無呼吸症候群を起こしやすなります。さらに顎が小さい人(小顎症)や、舌肥大、扁桃肥大、鼻閉(鼻中隔湾曲症)なども原因の一因になります。

検査

当科では自宅で検査可能なポータブル機器による簡易測定を主体に行っています。

治療

患者さんにあった治療法を選択いたします。同時に、ご自身で生活習慣の見直しも行うようにしましょう。肥満ぎみの方は運動を、アルコールを飲む方は就寝前の飲酒は控えるようにしましょう。また、睡眠薬などを服用している方は、主治医にご相談ください。薬の中にはかえって無呼吸を悪化させるものがあります。

CPAP療法

就寝時に患者さんの鼻から空気を送り込み、気道は閉じてしまわないようにする方法です。睡眠時無呼吸症候群の治療法として確立している方法です。

マウスピース

上下の顎を固定し、下顎を上顎より前に出す形の無呼吸用のマウスピースを就寝時に用いる方法です。マウスピースはカスタムメイドで歯科医師により作成されます。

手術治療(口蓋垂軟口蓋形成術:UPPP)

扁桃腺が大きい場合や、口蓋垂(のどちんこ)が大きく垂れ下がっている場合に効果的な手術治療です。睡眠中にCPAP機器やマウスピースなどを装着する必要がなくなるという長所がありますが、全身麻酔下の手術が必要です。