診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

慢性中耳炎(慢性穿孔性中耳炎)

概要

慢性中耳炎とは急性中耳炎や外傷などによって生じた鼓膜の穴(穿孔)が閉鎖せずに残存している状態の中耳炎です。鼓膜に穴があいていると音が十分に伝わらずに難聴を引き起こします。 また鼓膜は中耳に水や挨、細菌が侵入するのを防いでいます。このため鼓膜に穴があいていると容易に中耳に感染を起こし、耳だれ(耳漏)が出やすくなります。

症状

鼓膜穿孔による難聴や、繰り返す耳漏が主な症状です。風邪を引いた時や、鼓膜の穴を通じ細菌が侵入した時(洗髪、水泳などが原因)に中耳に炎症を引き起こして耳漏がでます。めまいや耳鳴り、まれに顔面神経麻痺なども起こることがあります。炎症が長期間持続すると、耳小骨の可動性が低下して難聴が進行します(伝音難聴)。また、内耳の機能も炎症により徐々に低下する場合があります(感音難聴)。多くの場合、慢性中耳炎では伝音難聴と感音難聴が重なった混合性難聴を呈します。

診断

鼓膜を丁寧に観察することで診断可能です。病変の程度の診断にはCT検査が必要です。鼓膜穿孔を膜を使ってふさぐ検査(パッチテスト)をし、これで聴力が上がる人は日帰り鼓膜形成術の適応となります。

治療法

耳漏に対しては抗生物質の内服や点耳薬を使用します。多くの場合、これらの治療により耳漏は停止します。鼓膜に穿孔が残存している場合には、放っておくと再び感染により耳漏が出現します。感染を繰り返すと難聴が不可逆的になったり、多剤耐性菌が出現したりすることがあるため、手術により早めに鼓膜の選考が閉鎖するほうが良いと考えています。ただし小児の滲出性中耳炎後の鼓膜穿孔には慎重な対応が必要です。手術治療の目的は難聴の改善と耳漏の停止です。

手術方法

耳漏がなく鼓膜穿孔のみの単純穿孔性中耳炎の場合には鼓膜形成術が行われます。一般には局所麻酔下に日帰り手術として行われます。一方、耳漏を伴う場合や、耳小骨周囲に病変(炎症)がある化膿性中耳炎の場合には鼓室形成術が行われます。鼓室形成術は入院の上、全身麻酔下に行うことが多く、入院期間は4日間から2週間程度となります。

鼓膜形成術

適応は耳漏がなく、パッチテストで聴力が改善し、鼓膜に石灰化があるような中穿孔の場合です。局所麻酔下に日帰り手術で行える場合もあります。

鼓室形成術

適応は耳漏を伴う中耳炎、鼓膜の大穿孔例、パッチテストで聴力の改善が認められない等の場合です。手術は入院の上、全身麻酔下に行っています。入院期間は4日間から2週間程度です。