診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

真珠腫性中耳炎(中耳真珠腫)

概要

鼓膜や外耳道の皮膚の一部が内側(中耳腔)に陥凹して袋状にふくらむ病気です。正常な耳では鼓膜や外耳道の耳垢は自浄作用により自然に外側に排泄されますが、鼓膜や外耳道が陥凹するとその内に耳垢(角化物)が溜まりやすくなります。この耳垢(角化物)が入った袋(真珠腫)は周辺の骨を破壊しながら徐々に増大し、耳だれ(耳漏)、難聴などを引き起こします。腫瘍(できもの)ではなく炎症性疾患ですが、周囲の骨を破壊するたちの悪い中耳炎です。

症状

真珠腫の初期で骨の破壊が無ければ症状がないこともあります。細菌感染がおこると、耳だれ(耳漏)が出たり、真珠腫が溜まりすぎると耳痛が起こることがあります。真珠腫が進行して周囲の骨(耳小骨)が破壊されると難聴を引き起こし、さらに進行するとめまい、顔面神経麻痺、髄膜炎、内耳炎などが起こることがあります。

診断

多くの場合、鼓膜を丁寧に観察することで診断可能です。進展範囲の診断にはCT検査が必要です。

治療法

治療には原則的に手術治療(鼓室形成術)が必要です。鼓膜の陥凹が浅く自浄作用が保たれている場合や陥凹部の清掃が可能な場合は、外来にて経過を観察します。

手術方法

手術方法に関しては現在まで聴力の維持および改善、再発の防止などを達成するために様々な術式が提唱され議論されてきましたが、いまだ標準的な手術方法は確立されていません。手術方法は大きく分けて外耳道後壁保存型鼓室形成術(Canal wall up tympanoplasty;CWUT)と外耳道後壁削除型鼓室形成術(Canal wall down tympanoplasty;CWDT)の二つに分類されています。この二つの術式の違いは真珠腫の清掃・除去のために外耳道の後壁を取り除くかどうかの違いです。それぞれに長所と短所があり、真珠腫の進展範囲や患者の病状を考慮して術式が選択されることもあります。

術後の経過

真珠腫は炎症性疾患ですが再発しやすく、再発の時期も様々です。そのため手術を行っても長期的な耳鼻科医による検診が必要です。

当科における真珠腫性中耳炎の治療方針

我々は自然な外耳道の形態が保てる外耳道保存型鼓室形成術(CWUT)が聴力改善においてより優れていると考え、可能なかぎり外耳道後壁を温存する術式を選択しています。真珠腫病変の進展範囲により軽症例では一期的にCWUTを行い、高度病変例ではCWUTを計画的に段階的に行う段階的鼓室形成術を行っています。段階的鼓室形成術の1回目の手術では真珠腫の徹底した清掃を行い、鼓膜の再陥凹と癒着防止のため鼓室内にシリコン板を留置して手術を終了します。1回目の手術からおよそ1年後に2回目の手術を行います。2回目の手術では真珠腫の再発の確認を行い、耳小骨連鎖の再建を行います。2回目の手術では外耳道後壁の骨欠損部の再建や乳突腔充填などの対策を加えることにより真珠腫再発の予防を行っています。

追記

先にも述べましたが真珠腫に対する手術方法は議論の多いところであり、現在でも再発の防止と聴力の改善のために様々な工夫が行われています。当科でもより良い手術方法を考案し、また学会等に参加して最新の情報をup to dateするよう心がけています。また患者さんの病状(真珠腫の進展範囲、年齢、合併症、反対の耳の状態)に応じた手術方法を選択するようにしています。