皮膚科

診療科の特色

 皮膚に関係する内科的なこと、外科的なこと全てを対象としています。皮膚に異常があり、「内科かな?外科かな?」と迷われる場合は、まず当科にご相談ください。
 現在、常勤医師3名で診療を行っており、多様な皮膚疾患に対して、患者さんのご要望に十二分にお応えできるよう日々努力しています。
 アトピー性皮膚炎などの各種アレルギー性疾患、皮膚の感染症、さまざまな皮膚腫瘍(良性・悪性)をはじめ、自己免疫性水疱症などの難病にも取り組んでいます。入院治療、皮膚外科手術(日帰り・入院)も積極的に行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

対象疾患・治療法について

〇アトピー性皮膚炎などの湿疹皮膚炎群、蕁麻疹、アレルギー疾患

 日常生活の詳細な状況を伺い、アレルギーの関与が疑われる場合には、プリックテストやパッチテストなどの皮膚テスト、採血などを行い原因の検索を行います。
 近年使用が可能になったアトピー性皮膚炎に対するデュピクセントRや特発性慢性蕁麻疹に対するゾレアRによる治療も行っています。

〇皮膚良性・悪性腫瘍

 まず適切な診断に努め、状況に応じて手術、凍結治療、外用治療、放射線治療、化学療法、局所免疫治療、緩和治療等、関係診療科と連携して最適な治療を行います。

〇乾癬・掌蹠膿疱症などの炎症性角化症

 基本となる外用治療について適切な薬剤の使用をおすすめします。そのうえで難治な場合には、NB-UVBによる紫外線治療、オテズラRやメトトレキサート・チガソンRなどの内服治療、生物学的製剤についても適応をしっかりと判断したうえで効果や副作用・医療費についても十分ご説明し使用いただいています。自己注射についても多数の方が行っています。

〇皮膚感染症

 皮膚には細菌だけでなくウイルスや真菌などにより、さまざまな感染症がおこります。培養検査や細胞検査などで適切な診断を行うとともに、抗生物質や必要に応じて外科的処置を行います。

〇皮膚潰瘍

 静脈や動脈などの血管の異常、膠原病や血管炎といった自己免疫病、外傷や放射線など様々な原因で皮膚の潰瘍が生じます。原因を極力取り除くように努め、軟膏治療から必要時に外科的治療まで行い治癒を目指します。

〇水疱症・膠原病・血管炎などの自己免疫疾患

 自己免疫疾患は診断や治療が難しいことが多いですが、他診療科の先生と連携し、適切な診断・治療に努めます。ステロイド治療に加え難治な場合には大量ガンマグロブリン静注療法も行っています。

〇薬疹・中毒疹

 薬疹は命にかかわることもある侮れない病気です。原因を迅速に検討し、重篤な場合には大量ステロイド治療などを行います。

    

当院皮膚科において行っている臨床研究

オプトアウトについて
            

 既存の試料・情報を用いた介入を行わない当施設の調査研究や、それらを他施設の研究のために提供する場合について、法的に              は情報を匿名化・非識別化した場合は改めて患者様に同意書を取得することなく研究に供与することが可能となっていますが、予              め研究目的等を通知又は公開し、ご自身の情報を用いて研究が実施又は継続されることについて研究対象となる患者様が拒否でき              る機会を保障すること(オプトアウト)が求められています。当科主導のカルテ調査研究や、他施設が主催し当院が情報提供する              研究について資料を公開しております。ご自身が該当されると思われ、研究からの除外を希望される方につきましてはご連絡ください。

・皮膚リンパ腫臨床統計調査研究 資料

症例数・治療実績

入院診療実績

スタッフ紹介

担当医 藤原 進(平成15年卒)
役職 皮膚科部長
認定医・専門医等
資格名
医学博士
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本皮膚科学会認定皮膚悪性腫瘍指導専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
担当医 小川 聡(平成20年卒)
役職 皮膚科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
担当医 橋本 真哉(平成28年卒)
役職 担当医