診療科・部門等のご案内

外科

診療科の特色

当科では、消化器全般、呼吸器、乳腺、肛門、頸部および血管の外科治療、内視鏡下治療を主に行っています。

現在は、常勤医師8名体制で地域の急性期医療機関として外科疾患全般に対して迅速に対応できる体制を整えています。

対象疾患・治療法について

消化器


▲X線テレビ装置

胃や腸などの消化管の癌については、開腹手術・腹腔鏡下手術・内視鏡手術を進行度に応じて、またご本人ご家族の希望に沿って選択し行っています。

腹腔鏡手術は、全身麻酔下に二酸化炭素で腹腔内を膨らませて、小孔と小開腹により手術を行い方法です。もともと腹腔内を観察するために開発されましたが、近年、道具の進歩により、あらゆる手術に応用されています。これにより、術後疼痛が軽減されると同時に、腹部臓器の乾燥による炎症が抑えられ、癒着が少なくなり、術後の消化管の動きも良好となるため、入院期間が短縮できると考えられています。

当院では、鮮明な画像が得られるハイビジョンカメラを導入し、良性疾患・悪性腫瘍を問わず、積極的に腹腔鏡下手術を行っています。手術適応は、食道癌の一部、早期胃癌、大腸癌(早期癌および進行癌の一部)、大腸憩室炎、胆石症、急性胆嚢炎、虫垂炎、消化管穿孔の一部、腸管癒着症、成人鼠径ヘルニア、横隔膜ヘルニアなど多岐に及びます。

開腹手術でも超音波凝固切開装置、高周波手術装置などを駆使し安全で侵襲の少ない手術をめざし努力しています。

血管

血管外科では、動脈疾患(腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症など)のみならず、静脈疾患に対しても精力的に行っております。動脈疾患は手術、血管内治療(インターベンション)の両治療を血管外科医が行っております。また、急性動脈閉塞、腹部大動脈瘤破裂、外傷性血管損傷などに対しても緊急手術を行っております。

静脈疾患では、下肢静脈瘤に対して主に日帰り治療を行ってきており、非常に良好な結果が得られております。2014年7月からは下肢静脈瘤血管内治療(レーザー治療)も始まり、低侵襲な治療を提供しております。当院はレーザー治療の認定施設であり、施行するドクターも外科指導医、脈管専門医、レーザー治療実施認定医で、血管外科、静脈瘤のスペシャリストです。動脈疾患、静脈疾患、リンパ管など、いずれの脈管疾患においても、Vascular surgeon(血管外科医)によるVascular Surgery&Endovascular surgery(血管外科&血管内治療)を提供しております。

また、当院は透析療法も行っており、透析患者に必要なバスキュラーアクセス(内シャント)作成やシャント閉塞に対する血管内治療(シャントPTA),VAIVT)にも力を注いでおります。透析患者にとって、バスキュラーアクセス(内シャント)は『第2の命綱』です。『AVF first』と言われるように、如何に人工血管を使わず自家静脈でバスキュラーアクセスを作るか、あるいは如何に良好で長持ちするバスキュラーアクセスを作成するか、血管外科医の腕の見せ所です。患者様の個々の病態に合わせ、アクセス作成から維持管理、そして長期ビジョンをも考慮する、「Vascular Access SurgeonによるTotal Vascular Access management」が必要と考え、それを提供しております。

また、肝硬変による難治性腹水に対し、Denver 腹腔-静脈シャント術を多数行っている数少ない施設です。

乳腺

乳腺外科のページに内容を移動いたしました。

→乳腺外科のページはこちら

肝臓、胆嚢、膵臓

胆嚢結石症に対する手術のほとんどは腹腔鏡下に行っています。また、肝臓、膵臓の手術も多く行い、肝臓癌についてはラジオ波焼灼術を全身麻酔下に行い、治療中の苦痛を軽減させています。

呼吸器

呼吸器では、肺癌に対する手術以外に、気胸、小腫瘍に対する胸腔鏡下手術を行っています。

肛門疾患

肛門疾患では、特に内痔核(イボ痔)の方にはPPH法という術後疼痛の少ない手術法を積極的に行っています。短期入院での手術が可能です。

ヘルニア

鼠径ヘルニアは、人工膜で補強する術式(Mesh-Plug法)を主に行っております。術後疼痛も軽く短期入院で手術が可能です。

また平成23年度より、当院では腹腔鏡下ヘルニア手術も導入しました。臍内に1.5cmと両側腹部に5mm程度の3カ所の皮膚切開で、腹腔内から腹壁修復を行います。異物感がなく、神経痛や感染が少ないといった特徴があります。全身麻酔が必要ですが、両側の診断と治療が同時に可能であり、術後疼痛がさらに軽いため、手術翌日に退院可能です。

以上の如く様々な専門領域を得意とする外科医が各領域の専門知識を結集し患者一人一人に合わせた全人的な治療にチーム一丸となって取り組んでいます。

症例数・治療実績

平成26年度の外来患者数は約11,000人、入院患者数は約2,100人

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧頂くには「ADOBE READER®」をダウンロードのうえ、
ご覧ください。お持ちでない方は左のボタンよりダウンロードをお願いいたします。

専門・特殊外来診療

がん検診(消化器・呼吸器・乳腺)、血管外科外来、下肢静脈瘤外来、乳腺外来
※専門外来の詳細は窓口までお問い合わせください。

スタッフ紹介

担当医 酒井 哲也(平成元年卒)
役職 外科部長
消化器外科部長(兼)
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
難病指定医
その他の資格等 臨床研修指導医養成講習会修了
平成28年度臨床研修プログラム責任者養成講習会修了
医療安全管理者リスクマネージャー
医療安全管理者養成研修修了
日本救急医学会ACLS基礎(ICLS)コース修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
担当医 福岡 正人(平成3年卒)
役職 外科部長
血管外科部長(兼)
臨床工学科部長(兼)
中央手術部長(兼)
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
その他の資格等 医学博士
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
日本医師会 生涯教育制度研修認定
神戸大学医師臨床研修指導医講習会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
担当医 竹長 真紀(平成7年卒)
役職 外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
難病指定医
その他の資格等 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医学博士
NST医師教育セミナー修了
兵庫医科大学病院臨床研修指導医養成講習会修了
産業医
担当医 小南 裕明(平成7年卒)
役職 外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医・認定医・指導医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医・指導医
日本乳癌学会認定医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本医師会認定産業医
その他の資格等 検診マンモグラフィ読影認定医師(マンモグラフィ講習会)
内痔核治療法研究会 ジオン®注四段階注射法講習修了
平成28年度神戸大学医師臨床研修指導医講習会修了
第8回兵庫県阪神北圏域緩和ケア研修会修了
医学博士
担当医 辰巳 嘉章(平成9年卒)
役職 外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
その他の資格等 医学博士
検診マンモグラフィ読影認定医師(マンモグラフィ講習会)
全国済生会 臨床研修指導医のためのワークショップ 修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
日本静脈経腸栄養学会 近畿地区TNT研修会 修了
担当医 箕畑 順也(平成12年卒)
役職 乳腺外科部長
外科担当部長(兼)
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科認定医・専門医・指導医
日本乳癌学会認定医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 
検診マンモグラフィ読影認定医(マンモグラフィ講習会)AS判定
乳房超音波講習会A判定
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 エキスパンダー/インプラント実施責任医師
その他の資格等 日本乳癌検診学会 評議員
日本乳癌検診学会 総合判定委員会 委員
マンモグラフィ講習会講師
乳房超音波講習会講師
乳房再建用エキスパンダー/インプラント講習会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア講習会修了
臨床研修指導医養成講習会修了
NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構 デジタルマンモグラフィソフトコピー診断講習会受講
担当医 森本 大樹(平成13年卒)
役職 外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
その他の資格等 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医学博士
担当医 田淵 智美(旧姓 吉田)(平成14年卒)
役職 外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会認定医
日本医師会 生涯教育制度研修認定
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
その他の資格等 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
検診マンモグラフィ読影認定医師(マンモグラフィ講習会)
神戸大学医師臨床研修指導医講習会修了
担当医 田中 正樹(平成16年卒)
役職 外科担当部長
認定医・専門医等
資格名
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化器病学会消化器病専門医
その他の資格等 医学博士
検診マンモグラフィ読影認定医師(マンモグラフィ講習会)
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
担当医 井上 達也(平成23年卒)
役職 担当医

施設認定紹介

  • 日本外科学会専門医制度修練施設(指定施設)
  • 日本胸部外科学会認定医制度関連施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設(認定施設)
  • 呼吸器外科専門医合同委員会修練施設(関連施設)
  • 血管内レーザー焼灼術実施基準による実施施設
  • 日本脈管学会認定研修関連施設

学術活動紹介