診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内
診療科・部門等のご案内

リハビリテーション科(理学・作業・言語療法士)

理念・基本方針

  一般的にリハビリテーション活動の目的は住み慣れた街で、自分らしく暮らしたいというひとりひとりの思いを成し遂げることであり、医療・介護・福祉分野においても同様です。

  具体的には病気、けが、高齢、障害など何らかの原因によって運動機能が低下した状態となった患者さんが寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの基本的な動作が不自由になると、ひとりでトイレに行けなくなる、着替えができなくなる、会話が成立しなくなる、食事が摂れなくなる、外出ができなくなるなどの不便が生じます。

  誰しもこれらの動作をひとの手を借りず、行いたいと思うことは自然なことであり、日常生活動作(ADL)の改善は生活の質(QOL)向上の大切な要素となります。

リハビリテーション科(理学・作業・言語療法士)について

  当院のリハビリテーションでは院是の「和」の理念の下に、意図せずに不自由になられた患者さんに対して個々の患者さんの病状に応じて関連他科からの依頼を受け、治療訓練を通じて回復を促すことで再び生活を取り戻すために尽くしていくことを信条として、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が連携を取りながら発症急性期から処方に基づいた早期リハビリテーションを行っています。

  発症急性期からのリハビリテーション活動に介入することにおいて、患者さんやご家族が戸惑いを生じることのないように、主治医・看護師や各部門の担当スタッフ同士が緊密に連携を取りながら日々の治療訓練に取り組んでいます。

  また、社会福祉士を通じて患者さんご本人やご家族がスムーズに自宅復帰ができるように地域の介護事業者との連携強化を図ることにも努めています。

業務内容

理学療法

理学療法の直接的な目的は運動機能の維持・改善を図り、治療訓練や日常生活動作訓練を行なうことにより日常生活に必要な基本的動作能力の再獲得を目標としています。

作業療法

趣味活動・日常生活活動・仕事など人が生きていく上で必要な全ての目的ある行為を治療手段に用いて、治療訓練、指導および援助を行っています。高次脳機能障害にも積極的に取り組んでいます。

言語療法

コミュニケーション能力の改善を目標に、言語・高次脳機能の評価および訓練を行っています。また、摂食・嚥下障害の評価および訓練も行っています。

スタッフ紹介

療法士長 畑中 信吉
理学療法士 16名
作業療法士 3名
言語聴覚士 2名
看護師 1名