診療科・部門等のご案内

臨床検査科(臨床検査技師)

臨床検査科(臨床検査技師)について

皆様の体内の血液や尿などの検体を扱う検体検査部門。また、生体現象を電気的にとらえる生体検査部門の二つに大別されます。

検体検査部門は生化学、血液、血清、一般、細菌、病理、輸血などがあり、生体検査部門には生理検査(心電図、脳波、呼吸機能、心臓エコー、筋電図など)があります。

これらの検査データは医師に提供され診断や治療に役立っています。 このデータを提供するのが臨床検査技師という職業です。

理念・基本方針

当臨床検査科では「正確・迅速」を目標に、緊急検査に対応するための24時間体制でデータの提供にも努力しています。

多くの検査を自動分析装置で行い、バーコードを利用した臨床検査システムにより電子カルテに連結し、検査依頼から結果報告までの過程を省力化しています。

時代の流れに対応しつつ、さらなる自動化と精度向上を目指し、迅速、正確、低コストをモットーに、病気の診断や治療に貢献し、患者さん主体の患者さんのためになる臨床検査科を目指し、日々努めています。

業務内容

生化学検査室

主に血液、尿などを分析器にかけ測定し、AST、ALT、LDH等の肝機能検査、血糖検査、腎機能検査などをおこなっています。他にはコレステロール等の脂質検査などもあります。

血液検査室

血液中の赤血球、白血球、Hb、Ht、血小板等の算定は血液疾患や貧血のチェックに用いられる。末梢血液像、骨髄像検査からは形態学的の精査、止血機能検査からは、凝固(PT・PTT・フィブリノーゲン、HPT)、線溶(FDP・Dダイマー)、血小板機能(血小板凝集能)などの項目を検査実施しております。これらの検査データは迅速に医師に提供されています。

血清検査室

B型肝炎、C型肝炎ウィルス等の感染症の検出、それからみなさんがよくご存知の冬に流行するインフルエンザに対する検査、糖尿病の経過観察に用いられているHbA1c検査、腫瘍マーカーの測定により各種のガンを見つけることができる検査などがあります。

一般検査室

尿中から細胞成分の分類、および化学成分の分析などをおこない多くの情報を得ています、便からは消化器からの出血や、寄生虫の検出などをおこなっています。
その他、婦人科系では妊娠反応や尿中ホルモン検査など数多くの検査があります。

細菌検査室

色々な検体から病原菌を見つけ、その病原菌に対して効く抗生剤(感受性検査)の情報を提供しています。その中には院内感染のMRSA、夏になると話題となる腸炎ビブリオ(生の魚介類)、大腸菌O-157等の食中毒検査などがあります。

病理、細胞診検査室

体から採取した臓器や細胞片をもとに病変の良性・悪性など、範囲の程度を判定しガンなどの早期発見につとめ、適切な治療方針などをおこなえるように情報を提供しています。

生理検査室

微弱な電気現象を電気的、物理的にとらえ、その変化を記録しています。検査項目は下記のとおりです。

  • 心電図:不整脈・心筋梗塞などの情報
  • 脳波:脳機能障害、てんかん等
  • 肺の検査:呼吸機能
  • 心臓エコー:心臓の形、動き、血流など

他にも色々な検査があります。

輸血検査室

手術などで輸血を安全に受けられるように、輸血に使う血液や血液成分の適合を検査しています。

又、血液センターから送られてくる血液製剤を一元管理をすると共に「安全な輸血」と「限られた血液資源の有効利用」を目的として24時間体制で取り組んでいます。そしてより迅速に患者さんのもとに血液を送り出せるように努力しています。