病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

人工物(インプラント)を用いた乳房再建が保険適応で行えます

乳癌術後の乳房再建には自家組織を使用する方法と人工物(インプラント)を使用する方法とがあります。これまで自費診療で行われていた人工物を用いる乳房再建が保険適応となり、当院はその実施施設として認定されました。

乳房再建を希望される方には乳腺外科と形成外科の診察を受けていただいた上で、どのような切除、どのような再建が適切かを選択します。病状によっては通常の乳房部分切除術で十分整容性が保てる場合もありますので詳しく診察をさせていただいた上で最も良いと思われる治療方針を決定します。

過去に乳房切除術を受けられた方の乳房再建にも対応できます。再建手術を希望される方は乳腺外科・形成外科までご相談ください。

乳房再建手術について

乳房再建手術は、乳がん手術によって変形した乳房の形を元に戻すために行う手術です。

Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧頂くには「ADOBE READER®」をダウンロードのうえ、
ご覧ください。お持ちでない方は左のボタンよりダウンロードをお願いいたします。

1.手術の時期

乳房再建手術を行うタイミングには、乳がん手術と同時に行う一次再建と、過去に乳房切除を受けられて乳房の欠損した状態に対して行う二次再建があります。一次再建では手術回数や入院期間を減らせるという利点とともに、術式によっては整容的に良好な乳房を再建しやすいという利点があります。また、このような治療では乳腺外科医と形成外科医の連携が必要となりますが、当院では密接に協力して手術を行っています。当院では二次再建にも対応していますので、具体的には乳腺外科または形成外科まで御相談下さい。

2.乳房再建手術の方法

乳房再建手術の方法は大きく分けて、自分の体の組織(自家組織)を使う方法と、人工乳房(シリコンインプラント)を使う方法があります。

自家組織を使う方法

自分の体の組織を使う方法では、やわらかく温かい自然な乳房が再建できるという利点があります。また自分の組織のため免疫反応などの合併症も心配が不要です。欠点としては組織を取る部分に傷あとが残ること、手術時間・入院期間が長くなることなどがあります。また外科手術に伴う合併症も考慮する必要があります。移植する組織は乳房の大きさに応じて腹部や背部から採取します。

シリコンインプラントを使う方法

これまで自費診療で行われていたシリコンインプラントを使う方法が保険適応となり、当院もその実施施設として認定されています。シリコンインプラントを使う方法は、手術・入院の期間が短く、自家組織を使う手術より負担が小さいという利点がありますが、人工物を使うということで感染症や被膜拘縮(インプラント周囲の膜が硬く縮んで変形や痛みが出る)など留意すべき合併症があります。
シリコンインプラントを使う方法では、先にティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)を用いるのが一般的です。乳がん手術と同時にエキスパンダーを大胸筋の下に挿入し、約半年をかけて皮膚を伸ばした後、インプラントに入れ替えます(二次再建でも方法は同じです)。

乳房再建手術は患者さんの状態や希望などに応じて行うオーダーメイドの治療です。当院では乳腺外科と形成外科が連携して、患者さんにもっとも適した手術方法を判断し行っています。