平成30年度 製鉄記念広畑病院 病院指標

病院指標とは、DPCデータを基に厚生労働省が定めた集計条件に沿って資料を作成するもので、患者さんに情報公開を進めることにより、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

現在公表している病院の情報(病院指標)は、平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータになります。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんのデータは集計対象外となります。

※DPCとは
入院患者さんを病気と治療方法によって分類し、その分類ごとに国が定めた1日あたりの入院費を包括支払いとして計算する制度です。
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 173 229 311 405 559 667 1143 1643 1133 278
平成30年4月~平成31年3月に退院した患者さんの年齢階級別患者数を示しています。
当院は、姫路市南西部の中核的基幹病院として、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。全体では、高齢化の影響で60歳以上の患者数が全体の約6割を占めています。詳細で見ると、70歳代が一番多く全体の25%を占めており、次いで60歳代・80歳代が17%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 87 12.14 10.08 0.00% 75.4
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 53 10.17 8.52 1.89% 74.87
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 37 7.24 2.67 0.00% 72.32
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 11.78 10.58 0.00% 67.33
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 定義副傷病なし 35 13.4 12.58 0.00% 71.94
内科では、内科疾患一般・生活習慣病・糖尿病・腎疾患・感染症・一部の血液疾患・自己免疫性疾患等、幅広い疾患に対応しています。平成25年3月から内視鏡センターを開設し、診療の質・量ともに充実を図っています。診断群分類別患者数を見ると、胆石症や胃がんの治療等、内視鏡的治療を要する患者さんの割合が上位を占めています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 21.27 17.66 20.45% 78.64
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 5.09 4.47 0.00% 70.62
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 3 3.15 0.00% 69.48
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 4.19 3.01 3.85% 72.08
050130xx9901xx 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 10 19.2 19.58 0.00% 83.5
循環器内科では最新の機器による心血管造影及びカテーテル検査に加え、コンピューター断層撮影(CT)・磁気共鳴断層撮影(MRI)・心臓超音波検査・心臓核医学検査等、身体にやさしい非侵襲的検査も充実しています。心不全や、カテーテル治療・検査を必要とする虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)が、入院患者の大半を占めています
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 67 6.6 6.17 1.49% 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) なし 手術・処置等2なし - - 11.32 - -
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) あり 手術・処置等2なし - - 8.48 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院は姫路市内で小児科医が常勤し入院設備を整えた数少ない病院のひとつであるため、入院治療が必要な小児を近隣の医療機関より受け入れ、治療をおこなっています。また、産科と連携して帝王切開児症候群(帝切児症候群)の患者の対応をおこなっており、呼吸障害,貧血,水分代謝の異常ならびに体重推移の異常などの症候を呈する患者の入院治療をおこなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 96 7.83 7.3 0.00% 61.1
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 59 4 4.41 4.47% 71.44
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 8.42 8.95 0.00% 66.13
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 46 7.3 5.49 5.56% 40.2
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 46 12.74 10.59 0.00% 60.8
外科では、消化器全般、呼吸器、乳腺、肛門、頸部および血管の外科治療、内視鏡下治療をおこなっています。 消化管のがんについては、開腹手術・腹腔鏡下手術・内視鏡手術を、進行度に応じて、またご本人ご家族の希望に沿って選択し、おこなっています。 診断群分類別の患者数を見ると、胆のう結石や、がん疾患、ヘルニアや虫垂炎などが続きます。がん疾患では、化学療法施行後に手術する患者も多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 160 29.37 26.3 65.63% 80.04
160760xx97xxxx 前腕の骨折 あり 96 4.48 5.68 1.04% 55.79
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 52 36.81 24.26 0.00% 74.77
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 あり 定義副傷病なし 52 4.54 6.07 0.00% 43.77
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 42 16.17 15.48 7.14% 74.38
整形外科では骨折・脱臼・捻挫などの外傷性疾患、腰痛や頚部痛などの脊椎疾患、リウマチや変形性関節症などの関節疾患、スポーツによる外傷や骨軟骨腫瘍などの治療をおこなっています。当院の特徴として、できるだけ手術治療を必要とする患者さんに適切に対応できるように努力しており、年間1000人以上の手術をおこなっています。スポーツ障害(膝半月損傷、靱帯損傷など)、関節外科(人工膝関節、人工膝関節再置換、人工股関節)と、四肢、骨盤の骨折に対する手術治療をおこなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 45 6.87 5.37 0.00% 31.56
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 11 3.36 4.86 0.00% 44.73
160200xx9700xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 5.8 5.36 0.00% 53.4
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.51 - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 あり 手術・処置等2なし - - 23.88 - -
形成外科では外傷や手術による傷あとを目立たなくする、顔や見える部分のけがをきれいに縫う、皮膚の腫瘍を取るなどの手術をおこなっています。また、顔の骨折、指の外傷、眼・耳・鼻・唇・指などの先天異常、アザ、乳癌手術後の乳房再建術、腋臭症などの治療もおこなっています。診断群分類別の患者数を見ると顔面損傷が多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 36 24.64 9.69 11.11% 69.5
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2) 34 30.26 16.18 32.35% 72.62
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 16.64 7.35 3.03% 58.06
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 26.04 18.72 54.17% 68.71
010230xx99x00x てんかん なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 13.06 7.28 22.22% 54.33
脳神経外科では、特に脳卒中(クモ膜下出血、脳内出血、脳梗塞)の救急診療に力を入れており、24時間常に専門医が対応しています。脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷などの脳神経外科疾患に対し、血管内手術や神経内視鏡手術等の治療をおこなっています。診断群分類別の患者数を見ると、頭蓋の外傷疾患や、脳梗塞の患者が多く、脳梗塞には血栓溶解療法、血栓回収療法、をおこなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 47 11.62 9.87 0.00% 43.45
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 43 3.42 3.2 0.00% 41.95
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 40 9.05 9.7 0.00% 34.2
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 なし 手術・処置等2なし 34 28 19.69 5.88% 27.38
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 26 2.85 4.61 0.00% 57.19
この診断群分類別患者数では、保険適応とならない正常分娩症例は除外されていますが、子宮良性腫瘍に対する子宮全摘術、妊娠中の母体ケアや抗がん剤治療症例が多くなっています。H30年度の分娩件数は287件で、総合病院の位置付けから年々ハイリスク妊娠・分娩症例が多くなっています。婦人科悪性疾患(子宮がん、卵巣がん)の治療にも対応しており、手術療法、抗がん剤治療、放射線治療をおこなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 あり 重症度等片眼 34 6.35 8 0.00% 72.44
020240xx97xxx0 硝子体疾患 あり 重症度等片眼 19 7.26 6.16 0.00% 64.74
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 13 6.54 7.05 0.00% 68.92
020250xx97xxxx 結膜の障害 あり 13 1.77 3.37 0.00% 62.08
020290xx97xxxx 涙器の疾患 あり 12 3.92 4.78 0.00% 70.42
眼科では白内障、網膜硝子体疾患、緑内障、角膜移植、眼外傷、斜視、翼状片、霰粒腫、眼瞼内反症、鼻涙管閉塞症手術などに対応しています。主に入院では、白内障の手術目的の患者を多く対応していますが、白内障は主に一般病棟以外の病棟への入院となるため、今回の集計対象から除外されています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 47 8.02 7.04 0.00% 54.17
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 46 10.37 7.89 0.00% 24.83
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 なし 42 5.71 5.43 0.00% 41.62
030428xxxxxxxx 突発性難聴 39 7.05 9.02 0.00% 58.54
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 36 7.17 7.27 0.00% 43.5
耳鼻咽喉科では慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎、鼻副鼻腔疾患に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術や、睡眠時無呼吸症候群の診断と治療、悪性を含む頭頚部腫瘍等に対応しています。診断群分類別患者数では、慢性副鼻腔炎や扁桃周囲膿瘍、突発性難聴等の疾患が上位を占めています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり - - 33.27 - -
010060x2990420 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病2あり 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 32.5 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし - - 6.24 - -
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等15歳以上 - - 12.09 - -
010160xx97x00x パーキンソン病 あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 20.99 - -
神経内科では神経難病(パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多発性硬化症)、 脳梗塞、てんかん等の疾患に対応しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 36 11.28 12.51 0.00% 63.58
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 14 7.29 8.16 0.00% 76.21
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 10.33 8.98 8.33% 68
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - 3.4 4.86 0.00% 42.2
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 あり 手術・処置等2あり - 60.5 48.53 25.00% 69.75
皮膚科では皮膚疾患全般、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患、皮膚良性・悪性腫瘍、皮膚感染症、脱毛、色素細胞異常などの治療を主におこなっています。診断群分類別患者数では、急性膿皮症、帯状疱疹、皮膚の腫瘍、などに多く対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 93 5.43 2.72 0.00% 58.75
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 52 3.04 2.53 0.00% 74.58
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 49 12.59 7.4 0.00% 75.37
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 48 4.23 4.29 2.08% 72.46
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 32 13.31 7.2 0.00% 77.31
泌尿器科では尿路結石治療、尿路・性器悪性腫瘍、尿路外傷、尿路感染症など、外科的治療を主体とした泌尿器科疾患に対応しています。尿路結石破砕装置(ESWL)を導入し、結石破砕治療をおこなっています。年間400~500件の実績があり、入院治療にも力を入れています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 2.2 3.56 0.00% 43.3
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 24 4.63 9.69 8.33% 65.25
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 2.62 7.35 23.08% 50.54
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 3.62 5.73 23.08% 46.54
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等24あり 11 18.36 28.51 81.82% 75.36
外因性の傷病(外傷、中毒、熱中症、低体温など)および全身管理を要する重症病態(敗血症など)以外は、専門診療科へ引き継ぐため、救急科としての退院患者数は少なくなっています。播種性血管内凝固症候群はほとんどが重症病態の合併症として発生しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 73 12 19 31 4 25 1 7版
大腸癌 20 71 36 42 6 118 1 7版
乳癌 32 25 3 2 2 1 1 7版
肺癌 - - - 1 - - 1 7版
肝癌 - 6 - 4 1 18 1 7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんの事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた病期分類があり、T(原発腫瘍の広がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を一度に表わすことが出来るように作られたのがステージ分類です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 10.13 57.63
中等症 62 15.95 79.19
重症 14 23.07 81.57
超重症 11 13.18 83.73
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。

1.男性≧70歳、女性≧75歳
2.BUN≧21または脱水
3.酸素飽和度≦90%
4.意識障害(肺炎に由来する)
5.血圧(収縮期)90mmH以下

軽症:上記5ついずれも満たさない
中等症:上記1つまたは2つを有する
重症:上記3つを有する
超重症:上記4つまたは5つを有する
不明:1~5の項目のうち1つでも不明であったもの
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 123 29.86 72.24 39.02
その他 10 35.10 73.00 50.00
脳梗塞とは、脳を栄養する動脈の閉塞や狭窄により脳虚血を来たし、脳組織が酸素または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいいます。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事があります。 この指標では、発症から来院までの日数の違いによる、入院期間、平均年齢、転院率、について示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 80 2.4 14.55 7.50% 76.72
K654 内視鏡的消化管止血術 57 0.81 12.88 10.53% 69.07
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 50 1 7.8 2.00% 75.02
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 35 1.03 6.46 0.00% 72.83
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 30 6.03 16.73 6.67% 66.1
内視鏡治療が主となっています。内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的消化官止血術、内視鏡下粘膜切除術(EMR)、などが上位を占めています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 44 1.84 6.82 2.27% 70.25
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 15 0.27 16.8 13.33% 66.2
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
虚血性心疾患に対する手術(経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術)が多くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 103 1.66 5.66 0.00% 60.83
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 44 0.64 5.36 0.00% 39.66
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 37 5.7 17.81 8.11% 75.35
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 1 9.55 0.00% 60.26
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 23 1.87 21.52 4.35% 68.61
胆のう結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、次いで消化管(腸や胃など)切除術、となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 172 1.95 20.93 43.02% 73.81
K0462 骨折観血的手術(前腕) 127 1.23 16 7.09% 59.72
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 81 1.58 17.14 0.00% 52.44
K0821 人工関節置換術(膝) 81 2.01 33.51 1.23% 72.35
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 60 1 1.08 0.00% 41.37
骨折に対する骨折観血的手術が多く、次いで、変形性関節症に対する人工関節置換術をおこなっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 33 0.91 3.3 0.00% 29.12
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 11 0.91 5.91 0.00% 59.36
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.78 15.78 0.00% 79.67
K427 頬骨骨折観血的整復術 - 4.13 14.13 0.00% 62
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(上腕) - 1 3.88 0.00% 51.13
顔面骨骨折に対する手術を多く実施しています。また、四肢の軟部腫瘍摘出術等もおこなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 3.96 28.4 20.00% 76.16
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 28.6 28.27 93.33% 73.73
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 12 2.92 34.08 91.67% 69.58
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
頭部外傷の手術、また、脳動脈瘤手術ほか脳血管障害の手術を多くおこなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 45 1.53 9.51 0.00% 45.62
K867 子宮頸部(腟部)切除術 43 1.35 1.07 0.00% 41.95
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 39 8.72 6.9 0.00% 34.08
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 31 1.48 5.45 0.00% 43.9
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 25 2.04 8.72 0.00% 49.16
この診療科別主要手術別患者数では、子宮良性腫瘍(子宮筋腫など)に対する子宮全摘術や子宮頚部異形成病変に対する手術が多くなっています。卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡手術を積極的におこなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 21 1.05 5.33 0.00% 68.05
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 13 0.62 6.85 0.00% 72.62
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 13 1.23 6.85 0.00% 63.77
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 12 0 0.67 0.00% 66.67
K271 毛様体光凝固術 11 0.27 0.73 0.00% 70.73
緑内障手術、翼状片手術や、糖尿病性網膜症・網膜剥離等に対する硝子体茎顕微鏡下離断術もおこなっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1 8.35 0.00% 26
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 37 1 6.22 0.00% 55.14
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 32 0.09 5.03 0.00% 41.59
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 19 1 4.21 0.00% 53.74
K3892 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 16 1 4 0.00% 48.38
慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術や、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多くなっています。その他、扁桃周囲膿瘍に対する切開術、慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫に対する鼓室形成手術などを実施しています。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K016 動脈(皮)弁術 - - - - -
K403-23 嚥下機能手術(喉頭気管分離術) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K714 腸管癒着症手術 - - - - -
参考までにDPCデータ上は上記のものが挙げられていますが、当科でおこなった手術はありません。当科入院中他科へ依頼して手術したものと、転科して手術したものの実績になります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 13 0.46 5.23 0.00% 76.38
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K016 動脈(皮)弁術 - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
皮膚に発症した腫瘍の摘出術や、熱傷・蜂窩織炎・壊死に対する植皮術や切断術、デブリードマン等をおこなっています。
泌尿器
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 86 0.21 4.07 0.00% 58.63
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 80 2.09 10.4 0.00% 75.93
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 75 0.97 6.51 2.67% 69.79
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 18 2.11 10.22 0.00% 63.22
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 14 0.29 3.29 0.00% 71.21
尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外へ排出させる目的で行われる体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が最も多くなっています。経尿道的尿管ステント留置術は、尿路が何らかの原因で狭くなったり塞がったりしてしまっている状態を改善します。また膀胱の悪性腫瘍に対する手術も多く行っています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 16 4.88 15.31 68.75% 70.25
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
指標2の診断群分類別患者数と同様、手術も各専門診療科にカウントされているため、救急科単独としては気管切開術が多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.18
異なる 50 0.76
180010 敗血症 同一 8 0.30
異なる 43 0.66
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.18
異なる 6 0.21
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.32
異なる 42 0.71
種性血管内凝固(DIC)、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症の患者数と発症率示しています。「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療をおこなったということを表し、「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。
更新履歴
2019年9月27日
平成30年度病院指標を公開しました。
過去のデータ
平成29年度